CATEGORY

事故から守る

水の事故にご注意を

こどもは危険なものに興味を持ち、一度好奇心を抱いてしまうと、大人の忠告など忘れて夢中になります。 特に好んで遊んでいたのは池や川沿いで、危険だと知りながらも水があると何故か近寄りたくなりました。 水の事故は命に関わる危険がありますので、日頃から危険な場所にはいかないよう教えてあげましょう。