カテゴリー:事故から守る

  • 危険な乳幼児の誤飲は脳の成長を知ることで防ぐことができる

    乳幼児は何でも口に入れてしまうので、小さな物や食べてはいけない物を手の届かない場所に置くのが誤飲防止の基本です。 ただ、この世に生を受けて間もない子供は目に見えるもの全てに興味を持つので、指差しして触りたいアピール…
  • 子供が大けがをする家具の転倒事故!高い所に物を置かないことが大切

    大きな家具の転倒で子供が大けがをする事故が毎年発生していますが、これはタンスなどの高い場所にあるものを子供が興味を示して登ろうとするからです。 子供の頃、兄弟4人でタンスの上にあるガラスケースに飾られた人形を見よう…
  • 火を使わない電子レンジは安全だと思い込んでいませんか

    冷凍された料理でも簡単に温めることができる電子レンジ(オーブンレンジ含む)は、どの家庭にもある便利な調理家電の代表とも言える存在です。 便利な電子レンジは火を使わないので、子供が料理を温めるくらいなら安全だと思うか…
  • 子供が交通事故の加害者にならないために

    昔から子供の自転車の乗り方は問題視されていましたが、あまりニュースとして取り上げられることがありませんでした。 しかし、子供が加害者となり、莫大な損害賠償を請求される判決が出されたことにより、子供の自転車保険が…
  • こどもに教えたいドライバーが嫌がる道路横断

     警察庁発表の統計によると、歩行者の法令違反による交通事故は年々減少しておりますが、依然と横断歩道外や走行車両の直前後の横断による事故の割合が高いのがわかります。 更に、斜め横断の事故件数にあまり変化がないのをみる…
  • こどもの交通安全をドライバー任せにしていませんか

    平成27年6月1日に施行される道路交通法の一部改正により、自転車運転のルールが厳しくなりますが、この新しいルールの対象に14歳以上のこどもが含まれるのを皆さんご存じでしょうか。 誰でも加害者となり得る自転車…
  • ベランダ・バルコニー・窓からの転落事故を防止しよう

     小さなこどもが自由に動き回れるようになると、洗濯や炊事をしている時にソファーや階段から落ちて怪我をしないか注意しなければなりませんが、特に気を付けたいのがベランダやバルコニーからの転落事故ではないでしょうか。 ベ…
  • こどもの誤飲事故は統計を知ることで予防できる

    厚生労働省が毎年実施している「家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告制度」の平成24年度報告書によると、小児の誤飲事故はタバコが34年連続で最も多く報告されているとの事です。 家庭用品等に係る健康被害病院モニター…
  • 誰かが犠牲になる飲酒運転や危険ドラッグを今からでもやめよう

    危険ドラッグ使用者による交通事故が増加傾向にありますが、飲酒や過労による正常な運転が困難な状態で自動車を運転させた場合、危険ドラッグ使用時の事故と同等の罰則を科せられる可能性があります。 お酒には心をリラックス…
  • 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

    東京都大田区萩中にある萩中公園は、交通公園、屋内外プール、野球場が併設されている大きな公園です。 萩中公園の交通公園は都内トップクラスの広さで、自転車やゴーカートで走るエリアの他にも消防車、トラック、機関車や都電な…

レポート

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る