こどもがスマートフォンを持つメリット

防犯上の理由から、携帯電話を持つ子供が増えていますが、小学生や中学生に大人と同じスマートフォンを持たせるのは、少し心配という親御さんもいます。
非常時のために購入したスマートフォンが、友達との長電話やゲームの課金で莫大な金額を請求されたり、出会い系などのこどもには不適切なWEBサイトへのアクセスなど、当初の目的と反した使われ方をされるからです。

制限が可能な電話もあるが

ゲームやWEBサイトへのアクセスが一切できないシンプルなフィーチャーフォンタイプと、LINEやゲームなどの利用制限が可能なスマートフォンタイプがあります。フィーチャーフォンタイプは主に小学校低学年、スマートフォンタイプは小学校高学年から中学生までが利用する感じです。

どちらも、電話帳に登録された番号以外の発着信ができませんし、防犯ブザーなどの最低限の機能がついているので、子供が持つ電話としては十分だと思いますが、スマートフォンで利用できるコミュニケーションツールによる苛めが、社会問題として度々取り上げられるのをみると、やはりスマートフォンの普及率は高いようです。

スマートフォンでもペアレンタルコントロールを使用すれば、利用するアプリの制限ができますが、その様な機能があることを知らない人も意外と多いようです。

スマートフォンで仲間外れの対象に

今の子供は、スマートフォンでメッセージのやり取りができないと学校で仲間外れにされるそうで、それは小学生でも起きる話だと聞きます。

スマートフォンがないと学校で仲間外れにされ、スマートフォンを使えばメッセージサービスで仲間外れにされるという、そんな状況に恐怖するこどももいるそうです。

他人任せではダメ

大人でも守れないルールを子供が自分の判断や理性で守れるはずもありません。学校の校則の他にも周りの大人たちのサポートが必要になるのではないかと思います。

メーカーやキャリアも社会問題になれば重い腰を上げますが、誰かの犠牲により対策されるまで待つのではなく、身近な人が声をかけて子供の異変に気づいてあげなければなりません。
そして、こどもの異変に気付いた大人達が声をだして、子供達にとって何が本当に必要で何が不要なのかを議論が必要だと思います。

こどものスマートフォンの利用に規制がかかることで、一時的な経済の落ち込みがあるかもしれませんが、他の分野が成長する可能性もありますし、大切な子供がストレスや恐怖心から解放されるのであれば、時には規制も必要なのではないかと思います。

残念なことに、この世の中から苛めがなくなることはありませんが、いじめを助長する物や仕組みを子供達から遠ざけるのは、大人達の責任ではないかと思います。

こどものスマートフォン利用に制限をしてますか

アンケート結果をみる


関連記事:こどもがスマートフォンに依存した生活をしていませんか

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る