こどもに和式トイレを体験させよう

hana400pxトイレの洋式代化が進み、和式のトイレを知らないこどもが年々増えています。

また、ウォシュレットの普及からはじまったトイレのくつろぎ空間化戦略により、こども達は汚れになれていません。

そんな汚れを知らない子供達が、被災による避難で困るのがトイレです。

最近のトイレは洋式に限らず、和式でも電気制御の物が多く、電気が使えないと使えない物もあります。

震災などの災害時、水道などのライフラインは復旧に時間がかかり、自宅や避難所のトイレが使えなくなります。

そうなると出番になるのが、土手や花見会場などでみかける簡易トイレです。

今のこどもにとって、くつろぐ時間として過ごしてきたトイレタイムが、一変して恐怖の時間となるのです。 和式タイプのトイレの使い方がわからず、前後逆に座る子がいます。

洋式タイプの簡易トイレもありますが、万が一和式トイレにあたることを想定し、小さい頃から和式トイレを体験させてみてはいかがでしょうか。

震災時に親子がいつも一緒にいるとは限らないので、今のうちにキレイな駅や公園のトイレで訓練させるのも大人の務めだと思います。

余談ですが、震災で下水道が使えない時にマンションのトイレを使用すると、汚水が下の階に溢れ出るという事態になるそうです。家族のためにも下の階に住む人の為にも、いざという時の為に役立つ簡易トイレの備蓄は必要です。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る