光るシールでこどもの存在をドライバーに知らせる

車を運転するドライバーの皆さん、夜の運転で歩行者に気づかず、ドキッとした事はありませんか。

ドライバーは経験上、夜の歩行者は見つけづらいとを理解していますが、車を運転しない人に言葉で説明してもイメージできないものです。

イメージできない事をこどもに教えても、理解するのは難しいので、大人がこどもを守る方法を考えた方が良いでしょう。

体の小さなこどもが暗い夜道を歩くと、ドライバーからの発見が遅れる場合があるので、反射材をカバンや自転車の横に貼り付けると良いでしょう。

交通安全はドライバーのマナーと努力だけでなく、歩行者にもマナーと協力が必要です。 いくら反射材を付けても、急な飛び出しや信号無視などをしないよう、交通の基本的なルールを大人が教えてあげましょう。