おしゃれでベビーカーにもなるオランダ生まれの子供乗せ自転車TAGA

日本で人気の子供乗せ自転車と言えば坂道も楽に登ることができる電動アシスト付きタイプですが、2輪自転車は転倒するリスクが高くデザインもあまり良いとは言えません。

自転車に優しい道路づくりがされている外国は、子供を乗せて移動する自転車の種類がとても豊富で、日本ではあまりみかけることのないチャイルドトレーラーや、安全性の高い三輪タイプの自転車が人気です。

子供乗せ自転車で特に人気なのがベビーカーにもなるオランダ生まれのTAGAで、シンプルで洗練されたデザインと高い安全性は海外での注目度抜群のアイテムです。

三輪自転車だから安全

日本の子供乗せ自転車と言えば、重心を下げてタイヤを太くし安全性能を高めた二輪の電動アシスト付き自転車ですが、段差のある縁石を乗り越えられずに転倒する事故が多発しています。

Taga1_500px

その点TAGAは、三輪自転車という事もあり発進時や走行中の転倒リスクがなく、パーキングブレーキや5点式強化ハーネスなどがあり、子供を乗せる自転車のなかでは抜群の安心感があります。

TAGA最大の特徴は、子供乗せ自転車だけでなくベビーカーにもなるので、近くのスーパーまで自転車で移動し店内はベビーカーとして使う事ができるという、とても画期的な乗り物です。

Taga2_500px

駅や目的地まで子供乗せ自転車を利用したものの、その後は抱っこ紐を利用したり嫌がる手をつなぎながら買い物をしなければならないので、結構大変ですがTAGAなら一台二役で便利です。

自転車先進国のオランダで生まれたTAGAは、便利で美しく優れた安全性能が評価され、red dot design award、Kind + Jugend Innovation Awardなどの賞を数多く受賞しています。

車道向けの自転車

優れたデザインと画期的な機能のTAGAですが、自転車に対する認識が外国と大きく違う日本で利用するには注意が必要なので、自宅周辺の道路状況などを確認した上で購入することをおすすめします。

日本で自転車は車道を走るものと道路交通法で決められていますが、路上駐車に対応できないインフラやドライバーの認識が問題で、歩道を走る自転車が圧倒的に多いのが現実です。

ただ、TAGAのような三輪自転車は小回りが利かず思いのほか車体に幅があり、日本の狭い歩道では歩行者と接触する可能性が高いので、車道を走る必要があります。

また、TAGAには電動アシスト機能は付いていないので、急勾配な坂の上にある家に住む方や大きな橋を渡る必要がある方には向いていませんので、よく考えてからご購入してください。

日本でTAGAの入手は困難に

 

TAGAが発売された当初は日本でも取り扱う店舗がいくつかありましたが、日本の狭い道路と人目が気になる民族性と合わないのか、今ではTAGAを入手することが困難になりました。

TAGAの様なおしゃれな子供乗せ自転車は残念ながら日本にはないので、代わりにベビーカーを紹介するならばドイツ生まれのCybex Miosがスタイリッシュで満足度が高くおすすめです。

Cybex Miosは、日本で人気の軽量コンパクトなベビーカーとは違い重量感と高級感のある製品ですが、外国製らしいシンプルでスタイリッシュなデザインが人気で日本でもかなり売れています。

外国製のベビーカーと言えば大きなイメージがありますが、Cybex Miosは日本の自動改札でも通る幅なので、電車やエレベーターに乗る時に大きすぎて困ることはありません。

安定した走行性で振動の少ないタイヤと瞬時にリクライニングできるシートは、低価格なベビーカーでは絶対に真似のできない快適さがあるので、赤ちゃんも安心して眠ることができます。

ベスロア

子供が産まれてから6か月になると急に外出する機会が増えたので、国産性・海外製問わ […]…