安全目指すこども乗せ自転車

今のこども乗せ自転車は安全性が高く、高機能でありながらデザイン性に優れ、ユーザーからの評判も良いのですが、その分価格も高いのです。

お子様をお持ちのご家庭には必須とも言えるアイテムですが、価格が高いだけにどのメーカーの製品を選べば良いのか悩むところだと思います。

購入するポイントは、こどもを乗せる人数と電動アシスト機能を付けるか否かだと思いますが、こどもの事を考えると少しでも安全性の高い物を選びたいものです。

ネット上に情報は沢山ありますので詳しく書きませんが、ヤマハのPASやブリヂストンのアンジェリーノ、パナソニックのギュットが有名です。

どの製品を選ぶにしても各メーカーのサイトで、しっかり情報を収集しつつ、最終的に試乗してから決めるのが大切です。

自転車はメンテナンスが必要となる乗り物なので、購入したショップが近くにあれば、いざという時に安心です。

メーカーの商品説明で安全性をアピールしていますが、自転車に乗る大人が交通ルールや安全を無視しては意味がありません。

余談ですが、こどもを二人乗せた自転車に乗るお母さんが、スマホ片手に自転車を運転して壁に衝突する場面に遭遇しました。

倒れる寸前で助けることができたので、お子さんにケガはありませんでしたが、かなり危険な行為です。

どんな安全性に優れた製品も、使い手が安全を無視しては意味がありませんので、皆様も危険な運転をしないよう心がけてください。

私は、助けた時にお子さんが見せてくれた笑顔を今でも忘れません。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る