こどもも遊べるラジコンヘリ

今のラジコンは、こどもの玩具というより、大人が楽しむ趣味として、紹介されることが多いのですが、それはこどもがラジコンを楽しむ場所が少ないだけで、今の時代のこどもにも楽しんでもらえる玩具だと思います。

ただ、ラジコンヘリとなると話は別で、こどもが手を出せる代物ではなく、完全に大人の世界の領域です。

そんな大人が独占して遊んでいたラジコンヘリですが、今の時代はこどもでも手軽に、しかも家の中で楽しむことができるのです。

家の中で楽しめるだけあって、本来のラジコンヘリとは比べ物にならないくらい、小さな手のひらサイズなのですが、メーカーの意気込みを感じるほどの本格的なつくりの物があります。

本格的なものは操縦が難しく慣れが必要で、最初は天井や物への衝突、墜落のオンパレード。筆者も何度墜落させたのか忘れましたが、意外と壊れませんでした。

ただ、メインロータブレードという羽の部分は、風圧を感じるほど高速に回転しますので、人に向けて飛ばさないよう注意が必要です。

試しに6歳児に操縦させたら、案の定コントロールは不能でしたが、食いつきは抜群です。

ラジコンヘリには、対応するチャンネル数により、操作可能な動作が異なります。

小さなこどもに遊ばせる場合は前後進ができないタイプや、壁や天井に激突しても墜落しない浮遊ボールタイプを選ぶと良いでしょう。

製品をご購入される際は、各メーカーサイトにて詳細を確認の上、年齢にあった製品をお選びください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る