けん玉でこどもをほめる

こどもはいつでも褒められたいものです。けん玉ができたら必ず褒めてあげましょう。

こどもに、けん玉をにやらせるコツは、最初から与えるのではなく、大人が楽しく遊ぶ姿を見せることです。

そして、けん玉がやりたくなる気持ちが芽生えるまで、辛抱強く待ちましょう。決して無理強いをしてはいけません。こどもは大人と同じことをしたがるものです。

そして、こどもがけん玉を手にし、上手くできた時は全力で褒めてあげましょう。努力してできた時の達成感と、褒められる嬉しさは、こどものやる気を成長させる貴重な体験となります。

ただし、対象年齢よりも低い子にやらせては逆効果です。けん玉は技術を必要とするので、あまり小さい子に遊ばせると、いつまでもできない悔しさで怒り出します。

失敗を学習し努力で克服する事ができる年齢になるまで待ちましょう。

ちなみに、小学生のこどもにけん玉をやらせたら、30分程集中してやりました。集中力を養うのに良いアイテムのようです。