けん玉でこどもをほめる

kendama400px
対象年齢:6歳以上

こどもはいつでも褒められたいものです。けん玉ができたら必ず褒めてあげましょう。

こどもに、けん玉をにやらせるコツは、最初から与えるのではなく、大人が楽しく遊ぶ姿を見せることです。

そして、けん玉がやりたくなる気持ちが芽生えるまで、辛抱強く待ちましょう。決して無理強いをしてはいけません。こどもは大人と同じことをしたがるものです。

そして、こどもがけん玉を手にし、上手くできた時は全力で褒めてあげましょう。努力してできた時の達成感と、褒められる嬉しさは、こどものやる気を成長させる貴重な体験となります。

ただし、対象年齢よりも低い子にやらせては逆効果です。けん玉は技術を必要とするので、あまり小さい子に遊ばせると、いつまでもできない悔しさで怒り出します。

失敗を学習し努力で克服する事ができる年齢になるまで待ちましょう。

ちなみに、小学生のこどもにけん玉をやらせたら、30分程集中してやりました。集中力を養うのに良いアイテムのようです。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る