赤ちゃんを家庭内の事故やケガから守るおすすめのベビーガード

0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実践してしまいます。

我が家の0歳児は、リビングの引き戸やガラス扉の開け方を教えてもいないのにマスターし、親の知らぬ間に部屋から逃げ出したりするのですが、扉の開け閉めで何度か手や指を挟みそうになりました。

慌てて引き戸に指を挟まないようにするベビーガードを購入しましたが、家の中には引き戸以外にも危険な箇所が沢山あるので、本格的なハイハイを始める前に徹底的な対策をするようにしました。

赤ちゃんや小さな子供は怖い物を知らないので時には大きな事故を起こすことがありますが、事故やケガをした後では後悔してもしきれません。

そこで今回は、我が家で実際に使用したベビーガードのなかから、効果のあるものだけをピックアップしてから紹介します。

コンセントガード

赤ちゃんがズリバイを始める頃までには、電源タップを床の下に置くのは全面的に禁止で、机や棚の上でコンセントを挿すようにするのが大切です。

次にすることは、使用していないコンセントの差込口は、コンセントガードを差し込んで、指を入れられないようにしてください。

好奇心旺盛な赤ちゃんは、目が見えるようになると家の中にある物を観察し、一生懸命触ろうと体を動かし始めます。

このコンセントガードを使用することで、更にコンセントに興味を持つようになりますが、ハイハイを始めたばかりの赤ちゃんに外すことはできません。

コンセントガードを外す時は、上からコンセントの片方を差し込んで抜く必要があるのですが、大人でもそこそこ力を必要とします。

寝返りもままならない頃だと油断してしまいますが、赤ちゃんの成長速度は大人が考えるよりも早いので、前の日にできないことも翌日にはできるようになるので、早めの対応が必要です。

ローヤル Rody ロディ コンセントキャップ

ローヤル Rody ロディ コンセントキャップ

580円(07/22 07:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

引き戸にも使えるドアストッパー

バリアフリー化された住宅は車椅子が通りやすいように、リビングと廊下を仕切る扉を引き戸にすることがあります。

家の中に引き戸のある住宅に住む方は気を付けて欲しいのですが、引き戸は0歳児の赤ちゃんでも簡単に開けることができるので注意が必要です。

赤ちゃんが引き戸を開けて親の目の届かない場所に移動するのも問題ですが、一番の問題は自分で開けた引き戸を閉める時に腕や指を挟んでしまうことです。

赤ちゃんは当然引き戸の引手には手が届かないので、引き戸自体を持ちながら開け閉めするのですが、勢いのついた引き戸に小さな腕や指が挟まると骨折する可能性があります。

我が家では、リビングにある引き戸を最初に対応すべきポイントとして認識していたため、ズリバイを始める前から対策グッズを購入して使用感を試したりしました。

今まで何個か引き戸用のグッズを購入しましたが、一番扉にフィットして外れないのは、ドアストッパーという製品でした。

ドアストッパーは引き戸だけでなく一般的なドアにも使えるので、家庭内のドアにできるだけつけるようにしてください。

高速でハイハイのできる赤ちゃんは大人の気づかないうちに後ろをついていくことが多々あるので、ドアを閉めた拍子に手や腕を挟んでしまうかもしれません。

ドアストッパーを使うと常に隙間ができるので、冷暖房の効率が悪くなりますが、子供が大きなケガをすることを考えると、多少の暑さや寒さは我慢できます。

ドアストッパー ブラウン

ドアストッパー ブラウン

300円(07/22 07:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

引き出しにはらいおんベビーガード

電源タップなどは赤ちゃんの手の届かない場所に置くことができますが、タンスや冷蔵庫の引き出しとなるとそうはいきません。

子供が大人の真似をするのは成長に必要な行為なので、赤ちゃんの行動をあまり制限したくありませんが、ケガや事故になることを考えると対処しない訳にはいきません。

0歳児の赤ちゃんでもタンスの引き出しを開けたり閉めたりできますし、引き出しを足場にしてタンスの上にある物を取ろうとする高い知能があります。

ただ子供は、危ないとか危険という概念がまだないので、登ったタンスの上から転落したり、タンスそのものが倒れてしまうことがあります。

大きな事故につながらないためにも、引き出しなどにはストッパーを必ずするようにしてください。

今まで色んなベビーガードのストッパーを使用してきましたが、こちらの製品が一番粘着力が強く簡単に外せないのでおすすめです。

ウィンドウロック

家庭内で起きる事故で最も防がなければならないのがベランダからの転落事故で、ハイハイができる赤ちゃんがいるなら真剣に対策を検討してください。

ハイハイができる赤ちゃんなら網戸を開けることは容易く、気が付けばベランダで遊び始めるかもしれません。

常に新しい世界のことを知りたい赤ちゃんにとって家のなかは既に狭い世界でしかなく、隙あらば網戸を開けてベランダに飛び出したいと考えています。

真夏や真冬はアルミサッシを閉めて鍵をかければ外にでることはできませんが、春や秋は窓を開けたくなる心地よい季節なので注意が必要です。

そんな時に役立つのがウィンドウロックで、子供の通ることのできない程度にガラス窓を固定することができます。

こちらの製品は我が家でも使用していますが、赤ちゃんや子供がロックを外せない鍵付きなので安心して使うことができます。

ノムラテック ウインドロックZERO 3個入 ブロンズ N-1155

ノムラテック ウインドロックZERO 3個入 ブロンズ N-1155

819円(07/22 19:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

ウィンドウロックZEROは窓を好きな位置まで開けて固定できる優れものですが、アルミサッシを開け閉めする度にロックを外さなければならないので、少し面倒なところがあります。

完全にアルミサッシの開け閉めに特化したものであればワンタッチで操作ができるこちらの製品がおすすめです。

利用目的や場所毎にロックをアイテムをかえて使うと便利ですので、一度お試しいただいた上で複数子購入されることをおすすめします。

伊藤製作所 ワンタッチシマリ 大 1個入 ブロンズ

伊藤製作所 ワンタッチシマリ 大 1個入 ブロンズ

431円(07/22 07:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る