赤ちゃんと添い寝感覚で使えるベビーベッドのスナグルネスト

大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外と多くいます。

ベビーベッドをレンタルする理由は、値段が高い割に使用期間が短いというのが主な理由です。

大切な赤ちゃんのために何でも新しいものを買い揃えてあげたいと思う人もいれば、出費を少しでも抑えるためにレンタルする人もいます。

どちらにするべきか悩むところですが、レンタルも半年以上借りたり、二人目の出産となると意外とコストがかかります。

色々悩みながらベビーベッドを用意したものの、ママが赤ちゃんから離れると寝てくれないので、結局布団やベッドで添い寝をしているという人も多くいます。

畳の上にも置けるベビーベッド

夜中の授乳は添い寝の方が楽なので、ベビーベッドで寝かせるよりも添い寝をしたいと思うママがいます。

赤ちゃんのことを思うと添い寝してあげるのが一番の理想ですが、慣れない頃は寝返りで大切な赤ちゃんにケガをさせないか心配になる時もあります。

ベビーベッドでは赤ちゃんがなかなか寝ないし、添い寝だと寝返りが心配で眠れないという方の問題を解消してくれるのが、ベッドインベッドスナグルネストサウンドです。

ベッドインベッドスナグルネストサウンドは、大切な赤ちゃんを守るようにフレームで囲まれているので添い寝をする時にも安心ですと、企業が運営するサイト的な説明はここまでにし、ここからは実際に利用した感想などを交えて説明していきます。

開封の儀

それでは実際に、ベッドインベッドスナグルネストサウンドがどの様な構造になっているのか説明します。

Snuggle Nextパッケージ

商品が縦35cmx横44cmx奥16cmの箱のなかに折りたたまれた状態で入っています。

スナグルネストサウンド取り出し

スナグルネストは箱から出しただけでは使用できないので、広げた状態から説明書をみながら組み立てます。

スナグルネストを広げた状態

スナグルネストにはサウンド&ライトユニットが付属しており、ハートマークのボタンを押すと、子宮内の音が鳴り、音符のボタンを押すと心地よいメロディーが流れます。

サウンド&ライトユニット

メロディは5段階の音量調整が可能で、一度ボタンを押すと5分間鳴り続けます。

ただし、実際にメロディーを鳴らしても泣き止むことは一度もなかったので、おまけ程度の機能と思ってください。

中央のロゴを押すと優しいライトが光るという、暗い夜を怖がる赤ちゃんを安心させるための機能がありますが、これもおまけ程度の機能という認識の方が良いでしょう。

サウンド&ライトユニット点灯

音と光の機能はおまけ程度のものですが、スナグルネストの便利さは、単純に添い寝をするためのベビーベッドではありません。

我が家では、夜は普通の布団で添い寝し、昼間にリビングでスナグルネストに寝かせるようにしています。

その理由は、添い寝をしていると最初は心配で寝ていられませんでしたが次第に慣れてくるのと、夜と昼の寝る環境をかえた方が良いからです。

スナグルネストは移動が楽なので、来客時にテーブルの上に乗せて赤ちゃんを皆にみてもらうことができますし、リビングで寝かせていれば対面式キッチンから様子をみることができるので安心です。

話が大分それてしまいましたが、スナグルネストには洗濯できるマットレスとカバー、そして吐き戻しを軽減するスローププレートが付属しています。

スナグルネストマットレス

赤ちゃん用のブランケットは付属していないので、必要に応じて購入してください。

そして最後は、我が家の赤子が実際に使用している様子の写真です。

この頃は生後2か月ですが4か月の今でもグッスリ、スナグルネストで寝ています。

赤ちゃんの成長を考えると商品の説明通り生後4ヶ月まで使用することができますが、赤ちゃんの成長速度は早いので、下記の注意事項に守りながら使用してください。

注意事項

ベッドインベッドを利用する際の注意点ですが、添い寝は危険が伴うことを理解した上でスナグルネストを使用してください。

スナグルネストは生後4ヶ月までの赤ちゃんに使用できるますが、寝返りをしたり手足を動かして体を起こせるようになったら使用を中止してください。

また、添い寝する時に大人の寝具をかけたり、枕やクッションで覆いかぶさるようにしないでください。

ウォーターマットレスやベビーベッドの上で使用したり、マットレスやパッドを追加で使用しないでください。

絶対に赤ちゃんを一人にせず、赤ちゃんの安全を考えて目を離さないでください。

スナグルネストにペットや小さな子供が近づかないようにしてください。

他にも説明書をみると注意事項は沢山ありますが、赤ちゃんに関連する商品は特に取扱いに気を付けて、必ず説明書に書かれている通りの使用をするようにしてください。

大切な赤ちゃんを守るのは親の務めであり、商品に絶対の安全性を求めたり責任を押し付けてはいけませんので、赤ちゃんの安全を第一に考えられる人だけがスナグルネストを購入してください。

※スナグルネストは日本では在庫が手に入らない状況にあるため、代わりにこちらの商品リンクを掲載させていただきます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る