リフレッシュする時間を作って楽しく子育てをしよう

nikkouyoku_400px
どんなに可愛い我が子であっても、育児は24時間365日続きますから、ストレスが溜まったり疲れてしまって一人になりたいと思うこともあるでしょう。
ですが、ママの性格によっては「一人になりたい」と思うだけでも子供に申し訳ない、と思ってしまうかもしれません。
しかし、そこまで自分を追い詰める必要はありません。

疲れてしまった心を休めるために、少し子供と離れる自分の時間を持てば、気分がリフレッシュして子育ても楽しめます。
楽しく子育てをするのは、子供にとっても良いことですから、気分をリフレッシュできる環境を作ることが大切です。

子育てから少し離れてリフレッシュする時間の作り方

一般的には、子供がお昼寝をしているときがママの自由な時間になりますが、子育て中は子供が寝ている間もやらなくてはいけないことが満載です。
洗濯物を取り込んだり、夕飯の下ごしらえをしたり、部屋の片付けやお風呂掃除など家事をしていると、あっという間に子供が起きる時間になってしまいます。
これではリフレッシュできる自由な時間を持つというストレス対策にはなりません。

特に用事がなくても、実家や義両親が近所だったらとりあえず預けてみましょう。
もし近くに頼れる人がいなければ、保育園の一時保育や自治体のファミリーサポートを利用してみてください。
パパに頼れるなら、散歩に行ってもらったりして少しでも一人で自由にできる時間をもってリフレッシュできれば、育児にも余裕が出て子供にも優しく接することができます。

一人の時間を持つメリット

生まれたばかりのしわくちゃの顔、初めて抱いたときの小さい体、自分では何もできない我が子を自分が守るんだという気持ちから始まるのが子育てです。

最初は自分の時間がなくても、睡眠時間がなくて頑張れたのに、成長して歩けるようになりしゃべれるようになってくると、嬉しい反面、疲れやストレスも溜まってきます。
人間はもともと自分で自由にできる時間を必要としているので、四六時中子供優先の生活をするとストレスが溜まるのは当然のことです。
子育てを頑張り過ぎると、泣き止まないことで怒ってしまったり、家事が思うように進まずイライラしたりすることになります。

そんな時少しでも子供と離れてみると、嬉しそうな笑顔、自分を求める小さな手、泣きながら追いかけてくる小さい体がどれだけ愛しいものかが分かります。
どんなに大切なものでも、いつも近くにあることで大切さを忘れてしまうこともあるのです。
一人の時間を持つメリットは、子供への愛情、当たり前の日常へのありがたさを思い出させてくれることなので、罪悪感を持つことなく一人の時間を少しでも作ってみてください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る