人気だけで選んではいけない腰や肩の負担が少ないベビーキャリア

赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機関を利用する時は、抱っこ紐の方が融通が利いて便利です。

ただ、生後6か月で8キロにもなる体重の赤ちゃんを抱っこしいていると、体への負担が大きくて肩や腰が痛くて慢性的な痛みに悩んでしまいます。

だっこ紐は赤ちゃんの体形に合わせて使用するものなので、大人の都合でかわいさや人気というだけで選んではいけませんが、腰痛や肩痛は育児に影響を与えるので、体への負担の少ないものを選んで使用してください。

最近はハンモックタイプの手軽な抱っこ紐もありますが、このタイプは腕は楽になるものの、腰で赤ちゃんの体重を支えなくてはいけないので腰痛改善にはなりません。

育児中は、オムツ替えや体重が偏る授乳など腰を酷使する体勢が多いので、腰痛を抱えてしまうと育児がスムーズに出来なくなります。

特に抱っこは育児の中でも一番のウエイトを占めますから、腰痛予防や改善のためにもしっかり対策をしておきたいですね。

腰痛対策のポイント

肩や腰が痛くても赤ちゃんは理解してくれませんし、赤ちゃんを一歩も外へ連れ出さない訳にもいきません。

そのための対策として一番なのがベビーカーと、抱っこ紐を併用することですが、どうしてもベビーカーが使えない時があります。

誰でも最初は育児初心者なので、抱っこ紐を選ぶ時の基準にするのが、みんなが使っているものになりやすいのですが、それだけでは肩や腰の負担を軽減することができません。

生後4か月くらいまでなら肩だけで支える抱っこ紐でもいけますが、それ以降は肩だけでなく腰で支えられるベルト付きのものにしましょう。

いくら人気な製品でも、抱っこが楽にならなければ意味がないので、利用実態のない子育てサイトの情報を鵜呑みにせずに、ブログなど実際に利用しているユーザーの情報を参考にするのが重要です。

おんぶができる腰痛対策されたグッズの紹介

抱っこもおんぶもできて、肩や腰も痛くならない抱っこ紐として多くのママに支持されているのがnapnapベビーキャリーです。

napnapベビーキャリーの特徴は、簡単におんぶができる補助ベストと腰ベルトが付いていることです。

普通の抱っこ紐だと寝た姿勢から赤ちゃんの足を通して背負う形になるので、不安定な赤ちゃんをおんぶするのはとても大変です。

napnapベビーキャリーなら、赤ちゃんの体を支える補助ベストに入れてしっかり安定させるので、リュックを背負う感覚で簡単におんぶができます。

そして、腰ベルトを締めることで赤ちゃんの体重の約90%を大腿骨など下半身に逃がせますから、肩や腰の負担が集中することもありません。

エルゴベビーのベビーキャリアなども高機能で人気なのはわかるのですが、欧米の赤ちゃんサイズで作られているため、日本の赤ちゃんには大きすぎて股が開きすぎになります。

napnapベビーキャリアは、日本の赤ちゃんの骨格に合わせ股関節部分が少し狭くつくられているので、開きすぎる心配がありません。

肩腰に負担をかけ続けると痛みが慢性化して治らなくなりますので、napnapベビーキャリーでしっかり対策してみてはいかがでしょうか。

我が家では、実際にnapnapとベビービョルンの抱っこ紐を利用していますが、肩と腰への負担が少ないのでおすすめです。

かわいいデザインが登場

今までのベビーキャリーのデザインに不満を感じていた方に朗報で、大人かわいいデザインのnapnapベビーキャリーUKIUKIが発売されました。

このベビーキャリアは、ネット投票により選ばれた上位6位のデザインを製品化したもののひとつです。

今までは機能を重視するかデザインを重視するか、どちらかを選ばなければならなかったベビーキャリーですが、napnapベビーキャリーUKIUKIならどちらの要素も手に入れることができます。

ただし、napnapもモデルチェンジして、赤ちゃんが落ちないようにガードするものを取り付けらるようになり装着が面倒になりました。

なので、我が家ではnapnapのパッチワークを母親が利用し、ベビービョルンは父親が利用しています。

装着が簡単で安全性の高い抱っこ紐を選ぶのであれば、ベビービョルンのベビーキャリアがおすすめです。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る