妊娠中は特に気になる!なるべく避けた方が良い食べ物とは

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんが元気に育つように、体に良いことをしたりストレスをためないようにしますが、特に気を付けるのが食べ物ではないでしょうか。

自分が口にしたものが赤ちゃんに影響するのではないかと考えると、今まで何気なく食べていたものでも急に気を使うようになります。

お腹に赤ちゃんがいる時に、口にしない方が良いとされている食べ物はいくつかありますが、あまり神経質になりすぎるのも良くありません。

これから生まれてくる赤ちゃんのために食に気をつかうのは大切なことですが、食べる物を気にしすぎて神経質になりすぎないようにしましょう。

妊娠中は避けた方がよい食べ物

食に対してあまり神経質になる必要はないものの、やはり妊娠中に避けた方がよい食べ物の代表は生肉です。

生肉には寄生虫であるトキソプラズマが含まれている可能性があるからです。

仮に、このトキソプラズマに感染した場合、赤ちゃんの神経発達に遅れがみられたり、視力障害や脳性まひなどといった先天性障害が生じてしまうことがあるため、妊娠中は生肉や生焼けの肉は避けた方が無難だと言われています。

生肉以外にも気を付けなければならないのが生卵で、殻にサルモネラ菌が付着している可能性があります。

サルモネラ菌に感染すると、妊婦さん自身が食中毒を起こして嘔吐や下痢を引き起こしてしまうのですが、下痢になると子宮の収縮が起こりやすくなるそうで、妊娠の経過日数にもよりますが子宮収縮が原因となり切迫早産などを引き起こしてしまう可能性も否定できません。

この内容をみて不安に思う人もいるかと思いますが、実際は生肉や生卵が影響することはほどんどなく、生卵もスーパーなどの店頭に並ぶものはGPセンターで殺菌されているので、サルモネラ菌の心配をする必要はないそうです。

それよりも、この記事のようなネットの情報を鵜呑みにした心配や不安をしすぎる方が体に悪く影響するので、不安があるのであればお医者さんに相談してください。

因みに、お店で売られている卵よりも、養鶏場やペットとして飼育されている鶏の卵が殺菌処理されていない可能性があるので、体に良いと思って取り寄せている新鮮な卵は逆に注意した方が良いとのことです。

カロリーの摂りすぎに注意

妊娠中は、手軽に食べられるインスタント食品を食べたり、外食をしてはいけないという訳ではありませんが、カロリーの高い食べ物を食べ過ぎないようにしましょう。

インスタント食品やお弁当、レストランの食べ物には塩分が多く含まれるものもありますし、なによりも食品添加物が気になります。

出産予定日の直前まで働いていると、どうしても外食が増えたりインスタント食品を口にしてしまいますが、これらの食べ物には塩分やカロリーが高いものが多く、体重の増加につながる可能性があります。

体重が急激に増えると、妊娠高血圧や妊娠糖尿病などを発症するリスクが高まります。

美味しくてカロリーの少ない料理のレシピ本も沢山ありますので、妊娠期は積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

何かと気を付けなければいけない妊娠ですが、ママ自身が楽しい生活をおくることが元気な赤ちゃんに育つことになるので、あまり敏感になり過ぎないようにしてください。