知育玩具で遊びながら子供の考える力を伸ばそう

幼稚園のお受験をするような場合は、早い人では3歳くらいから塾に通わせたりしますが、子供が小さいうちは無理に勉強させずに、毎日の生活を通していろいろなことを学ばせたいと考える人もいます。
大きくなれば勉強することは必要になりますが、幼いころの知育もとても重要です。

知育とは?

知育というのは子供の考える力を育むために必要な事です。
塾に通わせる必要はなく自宅でもできますが、特に意識せずに、お母さんと一緒におもちゃで遊んだり、歌を歌ったり、歌に合わせて体を動かすというのも立派な知育です。
絵本の読み聞かせも知育に含まれますが、子供に押し付けるのではなく、子供が楽しいと感じて自ら率先する事が重要です。

子供の為を思う一心でつい押し付けてしまう事もありますが、親の押しつけは子供のためではありません。
楽しく遊ぶことも子供のうちは大切ですから、知育教材などを利用するのも良い方法です。

知育教材の選び方

最初は家にある絵本やDVDを観るだけでも十分です。
特に教材を購入する必要もありませんが、毎日同じDVDを見ていると次第に飽きてしまいます。

もし新しい物の購入を考えているなら、Chaoone!(ちゃおーね)の知育教材をおすすめします。
Chaoone!(ちゃおーね)の知育教材は、年齢に合わせた教材を選ぶ事ができます。
ベビー用知育教材、幼児用知育教材とわかりやすく分類されていますので、初めての人も教材を選びやすいと思います。

赤ちゃんの間は色の区別がまだできない時期もありますが、白と黒というようにコントラストがはっきりしている物は見分けやすいので、興味を持ってくれます。
布のおもちゃなら小さい赤ちゃんにも安心ですし、おもちゃに興味を持ち、触れたり振ったりするのもいい刺激になります。
白と黒のコントラストを採用したおもちゃは、アメリカの研究者が開発した赤ちゃん用の知育玩具としても世界的に知られています。
また成長に合わせて絵本やゲーム、パズルなど種類も選べるので、子供が喜びそうな物をえらんであげましょう。

Chaoone!(ちゃおーね)では、お父さんお母さん向けの教材なども扱っています。
英語のCDをBGM代わりに流しておけば、耳から入るので子供も自然と英語を覚えるなどメリットもたくさんあります。
お父さんやお母さんには解説書があるので、子供も大人も楽しめます。

子供が喜ぶ絵本や歌、おもちゃで、楽しくお子さんの知育をしませんか。