飲みやすいこどもバナナ青汁でバランスの良い食生活を

こどもの好き嫌い
成長期の子供には好き嫌いなく何でも食べて欲しいと思うのが親心ですが、子供は苦味やえぐみを嫌う傾向があるため、クセの強い野菜を嫌う傾向があります。
野菜には健康維持にも欠かせない栄養がたくさん含まれていますので、子供にも毎日食べさせたいところですが、一度嫌な味を覚えてしまうとどんなに細かく刻んでも、吐き出してしまいます。

子供が野菜嫌いになる理由

子供は味覚が未発達ですが、苦味などはきちんと確認できます。
大人は美味しいと感じる味も、子供にはこの上なく不味い物と感じる事もありますので、嫌がる物を無理やり食べさせるのは難しいでしょう。

なんとか食べさせようとして、これを食べないとおやつをあげないというように交換条件を出す事もあります。
学校給食で嫌いな野菜を食べられなかった事で、先生に叱られたという事もありますが、こういった嫌な記憶が余計に野菜を遠ざけてしまう事になります。

細かく刻んでも気づくような場合は、ミキサーでソースにしてしまえばなんとか食べてくれる事もありますが、敏感な子供は匂いで気づくため食べようとしません。
好き嫌いばかりで栄養バランスが偏ってしまうと、子供の成長にも影響が出てしまいます。

子供の野菜嫌い克服に役立つ便利な物

青汁は野菜嫌いを克服するのに役立つ事から、注目されています。
青汁は元々クセがあって飲みにくい物でしたが、今は改良され抹茶のような風味になっています。

子供にはミルクに混ぜて抹茶ミルク風にすると、嫌いな野菜があっても野菜の栄養を補う事ができます。
ただし砂糖や人工甘味料を使っている物は子供には飲ませたくありません。

こどもバナナ青汁なら、子供にも安心して飲ませられますし、バナナ味だから子供も喜んで飲んでくれると評判です。
保存料や人工甘味料は一切使用せず、甘味はバナナの自然な甘味と黒砂糖で調節しています。

国産100パーセントの大麦若葉を使用していますし、1杯でヨーグルト15個分の乳酸菌とビフィズス菌も摂取できます。
子供も飲める青汁はたくさんありますが、こどもバナナ青汁は子供のために作られた青汁なので、とにかく美味しくて飲みやすいから子供が自分から飲みたいと言ってきます。

6種類のフルーツと13種類の野菜を配合していますので、栄養バランスも整います。
子供が嫌がるセロリやパセリなどクセの強い野菜も含まれていますが、バナナと黒糖の甘味と香りがうまくカバーしています。
野菜嫌いの子供にも安心ですし、手軽に栄養を補えるのは嬉しいところです。

こどもバナナ青汁

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る