食べない子には美味しくて栄養バランスが良いバナナ青汁がおすすめ

成長期の子供には好き嫌いなく何でも食べて欲しいと思うのが親心ですが、小さな子は本能的に苦味やえぐみを嫌う傾向があるため、癖の強い野菜を食べない傾向があります。

野菜には子供の成長や健康維持に欠かせない栄養素がたくさん含まれているので、子供には毎日食べてもらいたいのですが、一度嫌な味だと思われると細かく刻んで料理に混ぜても気づかれてしまいます。

好き嫌いならまだしも、幼児期からご飯を食べてくれない子は栄養不足になる傾向が強いので、大切な成長期に与える影響を考えると栄養があるなら何でも良いので口にして欲しいと思うはごく自然なことです。

子供が野菜を嫌うのは本能

子供は味覚は発達途中にあるというのは、納豆とヨーグルトを混ぜても食べてしまう離乳食期を通して理解できますが、何歳まで味覚が未発達のままなのか先が見えない子供の成長に不安を感じてしまいます。

味覚が未発達な子供は、大人が絶対に食べない組み合わせの食べ物でも平気で食べてしまうことがありますが、食べて欲しい野菜の苦みは本能的に識別できる能力があるのでとても厄介です。

大人は苦みのある物でも美味しく食べることができますが、子供は本能的に食べては行けない物だと認識してしまう時があるので、嫌がるものを食べさせるのはかなり難しいことなのです。

何とかしようと、おやつや玩具を交換条件に食べさせようとしたり、時には激しく叱ることもあるかと思いますが、この様な経験が更に野菜を遠ざけてしまうので、無理やり食べさせるのは逆効果と言えます。

嫌いな野菜を細かく刻んで他の料理に混ぜてみたり、ミキサー更に細かくしてソースにすれば食べてくれる事もありますが、敏感な子供の嗅覚が邪魔をして気が付かれてしまうので本当に厄介です。

安全で美味しいこどもバナナ青汁

青汁と言えば誰もが知る苦い飲み物で、大人でも飲みたいと思わない飲み物の代表ですが、栄養バランスがとても良く健康的ということで、食生活に問題を抱える方から高い支持を得ています。

青汁が周知されてきた頃はかなり癖のある飲み物でしたが、今ではかなり味がレモンで苦みを消したり抹茶のような風味に改良されているので、昔よりも飲みやすい印象です。

ただ、抹茶風味が嫌いな子もいますし、嫌いな野菜の栄養を補給できるからと、砂糖や人工甘味料で味付けをした物を子供に飲ませるのは問題なので、青汁に含まれている成分は注意しなければなりません。

甘味をバナナの自然な甘味と黒砂糖で調節しているこどもバナナ青汁なら、保存料や人工甘味料は一切使用していませんので、子供の虫歯や砂糖依存症が心配な方も安心して飲ませることができます。

こどもバナナ青汁は、国産100パーセントの大麦若葉を使用していて、1杯の青汁でヨーグルト15個分の乳酸菌とビフィズス菌を摂取できるので、子供の腸内環境を整えるのにも最適です。

子供向けに作られた青汁の種類は沢山ありますが、とにかく安くて飲みやすいだけの青汁ではなく、6種類のフルーツと13種類の野菜を配合した栄養バランスの良いバナナ青汁がおすすめです。

こどもバナナ青汁には、子供が嫌がるセロリやパセリなどの癖の強い野菜も含まれていますが、バナナと黒糖の甘味と香りで苦味を感じないように調整されているので、美味しく飲むことができます。

こどもバナナ青汁に限らず、青汁は美味しい軟水や牛乳に混ぜて飲むのが良いのですが、逆に硬水に混ぜてしまうとかなり不味くなり飲めなくなるので注意してください。

こどもバナナ青汁