シンプルで多機能なキューズベリーの母子手帳ケース

妊娠した事が分かってもすぐにお腹が大きくなるわけではないため、なかなか実感が持てません。

多少個人差はありますが、お母さんになった自覚を持つ瞬間で多いのは、母子手帳をもらった時ではないでしょうか。

母子手帳の基礎知識

妊娠すると母子手帳が交付されますが、赤ちゃんが生まれるまでに役に立つ情報も母子手帳にはたくさん書いてあります。

妊娠中は外出する時も常に母子手帳を携帯するように言われますが、検診時には病院で記入するため必ず持っていきましょう。

自分で記入できる箇所もありますし、赤ちゃんの成長記録を残せるので、後で素敵な思い出になります。

検診時に病院で記入されるところに、一言メモを残しておくのもオススメです。

日記を付けるのは面倒でも、母子手帳に一言書くだけなら簡単ですし、2人目の子供ができた時にもいろいろと役に立つはずです。

母子手帳はお財布に入る大きさではないので、携帯する時はバッグに入れる事になります。

そのままでもよいのですが、領収書やお薬手帳、保険証なども一緒に保管できるように、母子手帳ケースを使うのが一般的です。

キューズベリーのススメ

母子手帳ケースはたくさんのメーカーから販売されていますが、キューズベリーの母子手帳ケースなら、欲しい要素がすべて詰まっているのでとても便利です。

キューズベリー母子手帳

写真のミルティーユという母子手帳ケースは天然素材のヌメ革を使用していますが、他にも異なる素材の生地やボタン、レースなどをあしらったガーリーテイストまで幅広く揃っていますし、すべて日本製だから安心です。

大きさは2タイプありますが、母子手帳だけでなく、保険証や診察券など全てをひとつのケースに収納して持ち歩けます。

CUSE BERRY CASE

ペンホルダーも付いているから、なにか記入したい時にもすぐにメモできます。

大きな仕切りやポケット、カード入れなどもついているのでお財布感覚でも使えます。

キューズベリー母子手帳ケース使用例

キューズベリーの母子手帳ケースは飽きのこないシンプルなデザインで統一しています。

母子手帳ケースに母子手帳と一緒に保険証や診察券などを入れておけば、妊娠中や出産後も病院に行くときに、ケースごとカバンに入れるだけなので、忘れ物をする心配もありません。

一番人気はヌメ革製ですが、ラムレザーにレースをあしらったデザインも人気です。

キューズベリーでは育児雑貨を多数扱っていますので、母子手帳以外にも抱っこひもや骨盤ベルト、マザーズバッグなど種類も豊富です。

全て職人が手作りしているから、ぬくもりのある商品が特徴です。

キューズベリーの母子手帳を購入すると、素敵な手書きのメッセージもついてきます。

キューズベリーメッセージ

封筒のなかに何が入っているかは、購入してからのお楽しみです。

キューズベリーには、母子手帳ケース以外にも妊婦さんに必要な素敵なグッズが沢山用意されています。

みなさんも、大切な出産の思い出を記録する母子手帳を、こだわりのあるケースで持ち歩いてみてはいかがでしょうか。

母子手帳ケース