食べました!枝豆ペットマトの種まきから収穫までの成長記録パート2

こどもとおうちで気軽に植物を育てられるペットマトで枝豆を育てています。
「枝豆ペットマトの種まきから収穫までの成長記録パート1」の続きです。

パート1では本葉が出て根が伸びてきたところまでのレポートをお伝えしましたが、その後順調に育ち、収穫して食べることができました。

パート1後から収穫までの枝豆の様子をレポートします。
※パート1の成長記録はこちら
枝豆ペットマトの種まきから収穫までの成長記録パート1

収穫までの枝豆の道のり

petomato-2edamame01種まきから22日目。
本葉の次の葉が大きくなってきました。
元気に育っています。
petomato-2edamame02種まきから24日目。
本葉の次の葉もだいぶ成長して開いてきました。
根っこも太い根が何本か伸びてきました。
順調に育っていますが、このまま育てていくと背がぐんぐん伸びていってしまってペットボトルで育てづらくなります。
なのでここで、剪定します!
petomato-2edamame02
本葉の次の葉の少し下から切りました。
せっかく元気なのに切っちゃったよ・・・と思いますが、最初の本葉の横からまた新しい芽が枝分かれして生えてくるので、問題なしです!
petomato-2edamame04
種まきから28日目。
本葉のすぐ横から新しい芽が2つ出てきました。
双葉のすぐ横からも新しい芽が2つ出てきました!
petomato-2edamame05根っこは太い根から細かい根がたくさん生えてきました。
元気に成長しています。
petomato-2edamame06種まきから31日目。
本葉と双葉の間から出てきていた芽がこんなに大きくなって葉も開き始めました。
成長が早いです。
07_petomato5_eda2種まきから34日目。
たくさんの葉が元気に開きました。
順調に成長しています。
08_petomato5_eda2種まきから42日目。
だいぶ背が伸びたので、支柱をもう少し長いものに変えました。
根も順調にたくさん生えて、太く立派になってきました。

種まきから49日目、実ができた!

ついに実ができました!
ここからは、実が出来てから食べるまでの記録です。

09_petomato5_eda2種まきから49日目。
何個か小さい実が出来ていました!
最近はスーパーでも枝についたままの枝豆はあまり売っていないので、久々に枝についた枝豆を見ました。
まだ小さいけど。
枝豆ってこんな感じに実が生えてるんだよな、となんだか感激。
10_petomato5_eda2種まきから53日目。
こんなに背が大きくなりました。
11_petomato5_eda2実も大きくなってきました。豆のふくらみも少し出てきました。
成長が早い!
12_petomato5_eda2種まきから55日目。
実の大きさがだいぶ立派になってきました。
あとは中の豆が大きくなるのを待つだけ!
13_petomato5_eda2種まきから70日目。
豆のふくらみが食べれるくらいの大きさになっているものが増えてきました。
そろそろ収穫かな・・・と思いながら、2つ3つでは少なすぎるので、もう少し様子を見て収穫できる実が増えてから収穫することにしました。

収穫して食べてみた

14_petomato5_eda2
種まきから90日目に収穫して食べました!

収穫できたのは全部で9個。
ちょっと少ないけれど、ペットボトルで育てた割にはたくさんできたのではないでしょうか。

さっそく塩ゆでして食べてみました。
豆がぷりぷりして味が濃く、すごくおいしかったです!!

枝豆は実が出来て豆が膨らんでいく様子が見ていて楽しかったです。
枝豆は成長していくにつれ、変化があるのでこどもも楽しんで育てていけると思います。
手軽に出来るペットボトルでの枝豆の栽培、ぜひおすすめです!

ペットマトの関連記事はこちら

ペットマトで手軽に植物を育てよう
ペットマト(プチトマト)の種まきから収穫までの成長記録
ルッコラを育てて収穫して食べてみよう(ペットマト成長記録)
こどもとスイートバジルを育てて食べてみよう(ペットマト成長記録)
枝豆ペットマトの種まきから収穫までの成長記録パート1

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る