こどもの転落事故の予防と防犯に使えるアイテム

怖さを知らない幼児や小学生がひとりでマンションのベランダに出ると、転落してしまう事故につながる恐れがあるので、親の責任として絶対にひとりで遊ばせないようにしてください。

子供は2歳になると親の行動をみながら学習し実践する能力が身に付くので、いつの間にかクレセント錠の開け方を覚えてしまい、気が付いたらベランダでひとり遊んでいたなんていうこになりかねません。

子供は大人が想像するよりも成長速度が早いので大人の感覚でまだ大丈夫だろうと決めつけずに、大きなケガや事故を避けるべく早めに対処することが何よりも大切です。

そこで今回は、ガラス窓を好きな位置で固定できるノムラテックのウィンドウロックゼロという防犯グッズを購入し、子供の転落事故防止に役立つのか実際に購入し検証してみました。

窓を開けた状態でもロックできる

子供がひとりでベランダに出るのを防ぐために、ノムラテックウィンドウロックゼロを購入したのですが、住いの環境や生活スタイルにより向き不向きがあります。

ウィンドウロックゼロ

ノムラテックウィンドウロックゼロを選んだ理由は、価格の安さや簡単に取り付けられるだけでなく、鍵がなければ子供には絶対に外すことができないことや、窓を開けた状態でもロックできる点です。

小さな子供がベランダに出ないようにリビングの窓を完全にロックしてしまうのが一番ですが、それだと窓を少しだけ開けて空気の入れかえもすることができなくなります。

エアコンを常時使う冬や夏ならそれでも良いのですが、窓をロックするために春や秋の心地よい風を部屋のなかに取り入れられないのは無粋ですし、少しの暑さならエアコンではなく窓を開けたくなります。

ノムラテックのウィンドウロックゼロは、好きな位置でサッシ枠を固定できるので、子供が通れないくらいに掃き出し窓を少し開けて風を感じたり、空気の入れ替えをすることができます。

ウィンドウロックゼロの取り付け方法

ウィンドウロックゼロの説明書には、できるだけ上下2ヵ所に取り付けるように書かれていますが、子供が掃き出し窓を開けられないようにするだけなら、上下どちらか1ヵ所でも十分ロックできます。

サッシの下にウィンドウロックゼロを取り付ける

ウィンドウロックゼロの取り付け方はとても簡単で、鍵となる黒い部品をネジの要領で回しながら固定するだけの簡単設計なので、開封してから30秒もあれば窓をロックすることができます。

子供がウィンドウロックゼロに手を触れないようにサッシの上部に取り付けることもできますが、ロックを外す時に落としてしまう可能性もあるので、防犯目的でなければ下部に取り付けるのをおすすめします。

window-lock-zero400px-3

ウィンドウロックゼロが外れて落ちないように力を入れすぎるとサッシやレールが傷ついたり曲がることがあるので、取り付けの際にはあまり力を入れないように十分に注意してください。

鍵を外すことでウィンドウロックゼロが外れなくなりますが、万が一に鍵をなくした場合でもペンチなどの工具を使えばネジを緩めることができるので、安心してください。

ウィンドウロックゼロは、一般的なリビングなどの掃き出し窓であれば取り付けられますが、防音サッシなどクレセントによるサッシ同士の引きつけの強い物は、稀に取り付けできない場合があります。

また、外側の窓と製品を固定するための水がえし部のスペースが30から45mm必要なので、心配な方は製品を大量に購入する前に1個もしくは3個セットでお試しください。

頻繁に窓を開ける人に向いていない

ウィンドウロックゼロは、窓を少し開けた状態でもロックできる大変優れた製品ですが、窓を開閉する度に鍵を回して解除しなければならないので、頻繁に開け閉めする窓には向いていません。

例えば、ベランダに洗濯物を干すことの多い方がウィンドウロックゼロを窓に取り付けると、鍵で緩めたり固定する作業がストレスになりかねないので、良く考える必要があります。

もし、窓を完全に締め切る状態でロックする方式で構わないのなら、ワンタッチでロックを解除できるワンタッチシマリもあるので、どちらが生活スタイルに合うのか検討してから購入してください。

ワンタッチシマリは、窓のサイズに合わせて大きな物と小さな物を取り付ける必要があるので、必ず使用する窓の大きさと数を確認してから製品を選んでください。

事故防止意識が大切

大切な子供を転落事故から守ることができるなら、ウィンドウロックゼロやワンタッチシマリは安いものなので積極的に取り付けるべきですが、だからと油断しないようにしてください。

今回紹介したウィンドウロックゼロやワンタッチシマリは、子供が窓を開けられないようにしたり防犯目的に使用できる数昏た製品ですが、あくまでも補助的に使用する物だという認識でご利用ください。

ウィンドウロックゼロやワンタッチシマリを窓に取り付けたからと、事故防止の意識が薄れてベランダやバルコニーに踏み台となる植木鉢や脚立などを置いては意味がありません。