こどもの交通安全をドライバー任せにしていませんか

道交法改正

平成27年6月1日に施行される道路交通法の一部改正により、自転車運転のルールが厳しくなりますが、この新しいルールの対象に14歳以上のこどもが含まれるのを皆さんご存じでしょうか。

誰でも加害者となり得る自転車の危険運転防止のために、3年に2回以上危険な行為を繰り返した14歳以上の者に対して、安全講習が義務化されます。

今までは「横断歩道は信号が青の時に左右の安全を確認しながら手を上げて渡りましょう」と教えていたのが、もう一歩踏み込んで自分も加害者になる可能性と、違反をしたら罰則を受けるという教育が必要となります。

そもそも交通安全とは、罰則が厳しいから守るのではなく、自分や他人の命を守るために必要なことだと教えなければいけませんが、情報ばかりで実体験のない教育は、あまり効果があるとは思えません。

自動車やオートバイの運転免許を取得する時は、教習所に通いながら学科・実技の講習を何時間も受けますが、こどもが加害者となりえる自転車の運転に免許は不要です。

ルール先行の様な気がする道路交通法の一部改正ですが、スマートフォンを操作しながらの自転車運転などの危険な行為が増加しているので、現状では仕方がないのではないかと思います。

教習所で習う交通安全と同じレベルで教える

実体験のない教育は効果がないといいましたが、実体験だけの教育だけでも意味がありません。こどもに交通安全を教える時は知識と実技の両方が必要となります。

交通安全の知識的な教育では、道路へ急に飛び出したり、歩きながらスマートフォン操作をしたり、歩行中でも狭い道路の交差点では一時停止して左右の安全を確認するなど、交通安全の基本的な知識を教えるのに加えて、自動車やオートバイを運転する人が必ず交通ルールを守るとは限らないということを教えなければなりません。

更に、事故にあう可能性のある「見通しの悪い交差点」や、「自転車での車道の右側走行」、「交差点を左折する自動車に巻き込まれる事故」などの、交通上の危険な場所や行動について、ドライバーが勉強することと同じ内容を教えなければなりません。

実技的なところでは、見通しの悪い交差点をどれくらいの車が一時停車を守らないで走るのか、少し離れた場所で観察してみるのもいいでしょう。

見通しの悪い交差点とは、壁や建物などで周囲が見通せない交差点をいいますが、主に同じような幅の道路が通る住宅街のような道路の比較的小さな交差点をいいます。

安全確認の習慣がつくまでやる

自動車やオートバイの免許を取得する教習所では、左右の安全だけでなく前後の確認を必ず行うような習慣がつくように訓練しますが、こどもが学ぶ交通安全は残念ながら習慣がつくまで訓練されていると言えません。

おとなでも運転免許を取得している人と、そうでない人の安全確認対する習慣には大きな差があるのですが、免許を取得できないこどもはなおさら習慣がありません。

極端な例ですが、運転免許を取得している人で安全確認を行う習慣の付いている人は、歩道を歩く時も急な進路変更をせずに目視で後方を確認してから進路変更しますが、免許を持っていない人は後方の安全確認をする習慣がない人が多く、歩行時の急な進路変更で後ろから自転車に追突されるという事故にあう人がいます。

自転車に乗る乗らない関係なしに、こどもの安全を考えると長い人生の中の数十時間を、交通安全の訓練に費やしても良いのではないかと思います。

交通安全は正しい知識を習うと同時に、無意識に安全確認ができるようになるまでの訓練が必要で、左右の安全確認や進路変更時の後方確認が徹底して行われれば、事故が減るのではないかと思います。

ドライバーの視点を学ぼう

交通安全に関する知識と周囲の安全確認の習慣がついたら、仕上げとして交通公園の自動車を利用して、ドライバーの視点を学んでみましょう。

こどもを運転席に座らせて、自動車には死角が沢山あることを理解してもらうのが大切です。

また、自動車やバスを降車してからすぐに道路を横断する人がいますが、ドライバーは車の陰から突然現れる人に対して、確実にブレーキを踏んで停車することはできませんので、停車中の車のそばを通りながら道路を横断しないように教えましょう。

交通公園にある車を利用して、こども達に停車している車を避けて走行する擬似的なドライバーを演じてもらい、こどもが近づいたら急に飛び出してみるという模擬訓練を行うのも良いでしょう。※自動車が通る道路での訓練は危険ですので、必ず交通公園などの安全な場所で行うようにしてください。

ドライバー任せの交通安全は限界

事故が発生した場合、歩行者に原因があるにも関わらず自動車の運転手が罪に問われてしまいます。

弱者救済の論理というものがあり、自動車は歩行者よりも強いので、原因が歩行者にある場合でも死亡してしまう恐れがあるのは人だからです。

ですが、弱者救済の論理という一方的なドライバー任せの交通安全に限界があると思います。

車が接近しているのにも関わらず急に道路へ飛び出したり、歩きながらスマートフォン操作をしたり、ヘッドホンで音楽を聴きながら自転車を運転する人をみると、ドライバーが多くの割合で罪に問われるのは疑問があります。

教育が不十分なこどもの交通安全対策、大切なこどもやその家族、他人の人生の重さを考えると歩行者や自転車関係なく、全ての人が何らかの免許を持つようにしてもいいのではないかと思います。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る