マタニティマークやベビーカーを違う角度でみれば優しくなれる

このサイトでは、席をゆずるだけではない「おなかに赤ちゃんがいます」マークの意味というマタニティマークに関する記事を掲載しておりますが、常にアクセス数が上位にあるのを見るとマタニティマークに対する関心の高さがわかります。

「おなかに赤ちゃんがいます」マークは「マタニティマーク」ともいいますが、このマタニティマークのキーホルダーは、地域によって発行してもらえる場所がことなりますので、地域の母子手帳を発行してもらえる場所や、お世話になっている産婦人科に聞いてみるといいでしょう。

マタニティマークに対して意外と世間は冷やか

この「おなかに赤ちゃんがいます」や、「マタニティマーク」についてインターネットで検索をしてみると、意外と冷やかな考えをお持ちの方が多いみたいです。

実際にマタニティマークをしていた人に話を聞いてみると、電車の中で気分が悪くなり席に座りたいとお願いしても無視されたり、疲れているからと怒られたりする事があるそうです。

人によっては、大切な赤ちゃんがいるお腹を殴られ、大きなショック受けた事があるそうで、この様な犯罪行為から赤ちゃんを守る為に、マタニティマークをカバンから外す人がいるのも事実です。

「おなかに赤ちゃんがいます」キーホルダーをカバンに付けることで、犯罪行為にあうのではないかと心配する方は、カバンの外ではなくではなく、カバンの中にキーホルダーを入れておくか、あまり目立たないように首にぶら下げるかして、肌身離さず携帯するようにしてください。

※切れない紐で首にぶら下げるのは危険なので注意してください。

「席をゆずるだけではない「おなかに赤ちゃんがいます」マークの意味」でも紹介しましたが、このマークは単に交通機関の利用中に座席を譲って欲しいとアピールするものではなく、気分が悪くて意識を失くして倒れた時に適切な医療措置を行えるようにするためのものでもあります。

ベビーカー本体だけをみてはいけない

ベビーカー本体だけ見てしまうと大きくて邪魔だと思うかもしれませんが、ベビーカーに乗っているこどもの顔をみると、不快の気持ちが消えてなくなるかもしれません。

マタニティマークをつけている女性に対しても、これから生まれてくる赤ちゃんがお腹の中にいるんだと想像すれば、優しく接することができると思います。

世の中には重い病気で歩けないくらい気分が悪い人もいるので、誰もが気持ちよく席を譲るという訳にはいきませんが、これから生まれてくるこどものために社会全体でフォローしてあげたいものです。

人情に訴えるよりも仕組みが必要

社会全体でサポートしたいマタニティマークですが、残念な事に人の情に訴えかける方法が、必ずしも効果があるとは限らないので、仕組み的な対策が必要になるかもしれません。

現状の優先席は、妊婦さんや高齢者、体の不自由な方が優先して座れるようにしていますが、一部の鉄道会社を除いた多くの列車で優先席の数が不足していると思います。

これから高齢化時代に突入すると言われている中、現状でも足りていない優先席のスペースを考えると、妊娠されている方が座るような席があるとは思えません。

誰もが一度はお母さんのお腹の中から生まれ誰もが高齢者になる訳ですから、優先席がなくてもいい社会になるのが最良なのですが、現実と理想は程遠いものがあります。

以前、高齢者に対して席を譲ろうとしている人に対して、近くにいた若者が「俺なら席をゆずられるなんて嫌だ」と大きな声で言い出しました。

その様な心無い人がいる以上、右側の座席は全て優先席にする、一部の車両を優先車両にするなどの、仕組的な対応が必要になるのではないかと思います。

話が大分それてしまいましたが、お腹の中やベビーカーには赤ちゃんがいるんだと想像してみると、イライラの感情も和らぐのではないでしょうか。