枝豆ペットマトの種まきから収穫までの成長記録パート1

ペットボトルとお水で気軽に植物を育てられるペットマトシリーズ成長記録第2弾は、子供だけでなく大人も大好きな食べられる植物の枝豆で、収穫してから実際に食べるまでを紹介します。

夢のマイホームのベランダやバルコニーで家庭菜園を始めたいと考えるも、仕事や育児が忙しくて植物を枯らしてしまわないか心配で、なかなか植物を育てられない人にペットマトはおすすめです。

はじめてペットマトに挑戦するなら、失敗しないで育てられるミニトマトが良いのですが、あまり家で育てる人がいない枝豆の方が話題性が高く面白いので、個人的には枝豆がおすすめです。

枝豆は種をまいてから収穫できるまで成長するのに約90日かかるので、夏に枝豆を食べるつもりで育てるのなら4月で、秋に収穫するなら7月頃に栽培をスタートさせてください。

枝豆ペットマトの中身

枝豆ペットマトのパッケージには、大豆3粒、フィルタ入りペットマトホルダー1本、アップサンド、ハイポネックスPLANT FOOD、計量スプーンが含まれています。

petomato_edamame02

今まで枝豆は食べるばかりで種を意識したことがありませんでしたが、ペットマトに付属している種はどうみても大豆なので調べてみたところ、枝豆は未成熟の大豆という新しい発見がありました。

種をまいてみる

春になり4月中旬並みに気温上昇した日が続いたので、少し早いかもしれませんが発芽を期待して、3月下旬にペットマトのホルダーに種をまくことにしました。

ペットマトで植物を育てるには、500ml以上のペットボトル、お水、日除けカバーとして使うボール紙、日除けカバーを固定する輪ゴムもしくはセロハンテープが必要になります。

petomato5_edamame03まずはペットボトルに水を入れてペットマトホルダーを装着。
フィルターに水分を含ませるために、ペットマトホルダーが水に浸かるまで入れてください。
petomato5_edamame04フィルタの真ん中に種が8割くらい埋まる大きさの穴をあけます。
説明書には指で穴をあけると書いてありましたが、なかなか種が埋まらないので、付属の計量スプーンの柄で開けました。
petomato5_edamame09petomato5_edamame05種の節を下にしてフィルターの穴をあけた部分に種が8割くらい埋めてください。
かなり力を入れなければ種はフィルターに埋まりません。
petomato5_edamame06すりきり程度に入れたアップサンドを湿らすために水を上から3滴落としてください。
petomato5_edamame07光が苦手な植物の根を守るために、厚いボール紙をペットボトルに巻いて遮光してください。
petomato5_edamame08種を撒いてから5時間経過した後に様子をみると、勝手に種が上にでてきました。
水で大豆が柔らかくなり大きくなることで飛び出したのかもしれません。
再度上から優しく種を埋め込んでアップサンドをかけました。

種をまいてから5日目で発芽

petomato5_edamame10種をまいてから5日目に無事枝豆が発芽しました。
ペットマトに付属している種は発芽しない場合もあるので、種は捨てずに涼しい場所で保管してください。
petomato5_edamame12種をまいてから7日目。
大きいな葉のようなものがアップサンドのなかから出てきました。
petomato5_edamame12種をまいてから10日目。
大きな双葉で穴ができたので念のためにアップサンドで埋めました。
petomato5_edamame13種をまいてから11日目。
1日でもかなり成長しているのが一目で分かります。
petomato5_edamame14種をまいてから15日目。
双葉の間から早くも本葉が出てきていました。
だいぶ背が高くなりましたので園芸用の支柱を挿してみました。
petomato5_edamame15種をまいてから16日目。
何事もなく順調に育ち本葉がかなり大きくなりました。
petomato5_edamame16種をまいてから17日目。
本葉が大きく伸びてすぐにでも葉が開きそうです。
petomato5_edamame17種をまいてから18日目。
無事本葉が開きました。
petomato5_edamame18種をまいてから21日目。
本葉の間から2段目の葉が出てきました。
植物の成長はとにかく早い。
petomato5_edamame19ペットマトのフィルタを突き破るように一本の太い根が伸びてきました。
順調に育ってます。

今回の枝豆の栽培では、本葉が開いたころから1週間に1度のペースで、付属の微粉肥料PLAMT FOODをペットボトルに入れていますが、栄耀をあげすぎると枯れてしまうので注意してください。

今回の成長記録はここまでとなりますが、パート2では枝豆を収穫して食べてみたところまで紹介しますので、続きが気になる方はこちらの関連記事を合わせてお読みください。

関連記事

今回の内容は、家の中でペットボトルとお水だけで簡単に植物が育てられる、ペットマトシリーズの枝豆バージョンを育てたレポート、ペットマトの種まきから収穫までの成長記録パート1の続きとなります。 パート1では、本葉が出て根が伸びたところまで[…]