美味しい非常食サバイバルフーズをこども達と一緒に食べてみた

以前、このサイトでも紹介した美味しくて超・長期保存が可能なサバイバルフーズをこども達と一緒に試食してみました。

サバイバルフーズ

今回試食したサバイバルフーズはチキンシチュー(2&ハーフ・左)とクラッカー(1号缶・右)。試食した人数は60歳代1名、40歳代2名、30歳代1名、12歳、7歳、1歳のこども達3名、合計6名です。

サバイバルフーズ・チキンシチュー

付属の缶きりでチキンシチューを開封し、調理前のものをそのまま口にして味見。サクサクした食感とコーンの様な味がして美味しいとの言葉が出たので、まずは上々の滑り出しです。

チキンシチュー原材料

ただ、チキンシチューの缶に記載されている原材料名をみると、コーン油やタンパク加水分解物としてコーンが使われていますが、材料としてコーンは含まれていませんでした。なかには卵スープの様な味がするという人もいたので、人の味覚とはずいぶんいい加減なものだと思いましたが、きっとチキンシチューの材料となる鶏肉やジャガイモの味を引き立てる調味料の味が卵スープやコーンの味がすると思わせたのかもしれません。

サバイバルフーズ・クラッカー

上の写真は1号缶のクラッカー。開封する前は缶と同じサイズの随分大きなクラッカーが入っているのかと思いましたが、中には20枚セットのクラッカーが3つと隙間に数枚のクラッカーが入っています。クラッカーの味は普通に美味しくて試食に参加した小学生のこども達や女性達の反応は上々です。※赤ん坊は歯が十分に生えていないので食べさていません。

ただ、ビスケット類などの口の中の水分を持っていかれる食べ物が苦手な筆者は、チキンシチューに浸して食べるようにしました。クラッカーの味は美味しいので、筆者と同じような理由でクラッカーが苦手な人は、砕いて何かと一緒に調理するなどの工夫をすれば問題ないと思います。

サバイバルフーズの調理

チキンシチューの中身と缶に記載されている量のお水を鍋に入れて沸騰するまで煮込みます。沸騰した後は火を消して10分程蒸らしてください。火が使えない時はお水を缶に入れた後にかき混ぜてフタを閉めて10分程待ちます。サバイバルフーズの調理方法は缶に記載されています。

サバイバルフーズ試食

調理が完成したらいよいよ試食です。上の写真では少な目にした二人分ですが、実際は2.5人分の量が入っているので、3人でも分けて食べる事ができます。チキンシチューを試食した大人達の評判は上々でしたが、今回試食した小学生のこども達は野菜が嫌いと判明。残念な事に肉やジャガイモばかり食べていました。逆に1歳児の赤ん坊はグリーンピースやニンジンがお気に入りのようで、野菜とシチューを好んで食べていました。

こども達の意見を聞くと、シチューや肉の味はとても美味しいとの事でしたが、いかんせんニンジンやグリーンピースが嫌いなので、被災時などの食べ物が少ない状況で文句を言わずに食べてくれるのか心配になりました。我々大人もそうですが、恵まれた環境で育つこども達が、厳しい環境に置かれた時に受けるストレスは計り知れないものがありそうです。

事実、今回の試食に参加したこども達は今まで非常食を食べた事がないので被災時にストレスで病気にならないか心配です。

サバイバルフーズは飽食時代に育つこども達でも美味しく食べられる非常食ですが、年に一度はみんなでカンパンやクラッカーを食べて素朴な食事に慣れる必要があるかもしれません。

災害は地震だけではありません。最近は台風や大雨で被災する地域が増えており、食事のない非常時の生活がいつ訪れても不思議ではありません。

非常時に備えて年に一度は恵まれた生活から脱却し、質素な生活をしてみるのも悪くないと思います。

その様な意味で今回のサバイバルフーズの試食会は、筆者も考えさせられた意味のあるものとなりました。

大人の味に関する意見は、辛い物好きの人は味が薄いとの意見があり、辛い物をあまり食べない人は味が少し濃いとの意見で割れました。サバイバルフーズは水の量で味の濃さを調整できるのですが、味の濃い薄いはサバイバルフーズだけでなく、もんじゃ焼きや味噌汁でも同じような論争になるので、明らかに味の個人差によるものです。

その他の意見として、いくら美味しくても火や鍋、軽量カップなどの調理器具が無ければ意味がないとの話がありましたが、サバイバルフーズは缶に記載されている説明通りに調理すれば、調理器具が無くても食べられる非常食です。ですが火や鍋があれば更に美味しく食べられる非常食なので、サバイバルフーズと一緒に固形燃料などを一緒に備えると良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る