痔は中年男性だけの病気ではない!?こどもの痔について

肛門科専門医である佐々木みのり先生が公開しているブログ、「みのり先生の診察室」に掲載されている「こどもの痔」に関する記事を紹介します。

明るくストレートな性格で患者さんやスタッフから親しまれている佐々木みのり先生は、大阪府大阪市中央区釣鐘町にある肛門科専門の診療所「大阪肛門科診療所」の副院長を務められており、体の悩みのアドバイザーとして多くの新聞や雑誌などで取り上げられています。

尚、今回掲載する記事の内容は、みのり先生のブログの内容が損なわれないように配慮しておりますが、編集上の都合で一部表現が異なる箇所があります。


Dr.Minori

通常、肛門科は胃腸科や内科、外科などの他の科と一緒の病院が多いのですが、当診療所では肛門科のみを専業としています。

当診療所に訪れる患者さんは、赤ちゃんから100歳くらいと年齢層が幅広く、こどもが痔になるの!?と驚かれる方がいますが、便秘をすれば年齢問わず痔になります。

痔は、中高年の人がなるものだと思われている人が多いようですが、当診療所の待合室には若い女性患者さんがたくさんおり、初めてこられる方は結構驚かれます。

赤ちゃんや小児は小児科に行くことが多いので、よほど困らない限り肛門科には来ませんが、当診療所には便秘で通院する幼稚園児や小学生、中高生もいます。

こどもの痔で多いのは切れ痔(裂肛)で、硬い便が出るときにオシリが切れます。なので便秘の治療をすれば良くなることがほとんどですが、出した後に便が残っていると飲み薬だけでは治りません。

出始めの便だけが硬くてその後の便は柔らかい、その様な事が続くと切れ痔を繰り返します。また、痔が治らない状態が長く続くと切れ痔の傷に残った便が入り込んで炎症を起こしたり化膿したりします。

ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る