家庭や公園での水遊び、こどもから目を離さないで

こどもの水遊び

夏になると家庭用ビニールプールでこども達が遊びますよね。

公共のプールにこどもを連れて行かなくても水遊びができる家庭用ビニールプールは、夏のマストアイテムだと言えますが、意外なことに底の浅い家庭用ビニールプールでも、こどもがおぼれる事故が起きています。

歩きがたどたどしい乳幼児は、転んだ時に自力ですぐに起き上がれないので、深さ10センチ程度の水でも溺れてしまう事があります。
過去に起きた事故を調べてみると、ほんの数分間大人が目を離した時におぼれてしまうという事故が起きています。
兄弟や友達が一緒でも小さなこども達だけで水遊びをさせず、必ずこどもから目を離さないようにしてください。

公園の水遊び場や浴槽でも、こども達だけで遊ばせずに大人が目を離さないようにしてください。
大人が目を離さない事が最大の事故防止になります。

暑い夏は冷たい水で遊んだ方が気持ち良いと思うかもしれませんが、こども達にとって水道水は冷たすぎる水温です。
お湯を足すか水をプールにためてから時間を置くなど、水が温くなるまで待ってから水遊びさせると良いでしょう。

また公園の噴水は、一見きれいな水に見えても様々な菌が繁殖している場合があります。
病気や事故防止の為に噴水に入る事を禁止している所もあるので、こどもを遊ばせる前に公園の管理事務所に問い合わせた方が良いでしょう。

マンションのベランダで水遊びをすると、下の階に住む人の布団や洗濯物をぬらしたり通行人に水がかかり苦情になる事があります。
問題になる前にマンションの理事会や管理人、不動産会社に相談し確認した方が良いでしょう。

日差しが直接あたる場所で水遊びをする時は、日焼け止めや水にぬれても大丈夫な帽子をかぶるなどして、紫外線対策を忘れずに。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る