ゲームやネットの利用制限をするよりも親子一緒にルールを考えよう

四六時中スマートフォンやゲーム機で遊んでいる我が子をみて、学校の勉強についていけなくなるのではないかと心配する親心とは裏腹に、注意されることにストレスを感じて怒り出す子もいます。

手先や頭を使うゲームであれば、エンディングやレベルアップなどの達成感や区切りがあるので、多少長く遊んだとしても心配する必要はありませんが、脳を全く刺激しないSNSの流し読みや動画の視聴が続くと心配になります。

そんなスマートフォンに何故子供が夢中になるのか、親自信も同じことをしているので気持ちを良く理解できるはずなのに、何故か子供だけ無理やり止めさせようとして失敗してしまいます。

制限ではなく自由を与える

子供がゲームやスマートフォンばかりしていると、いきなり取り上げたり隠したり破壊する人がいますが、その先に残るのは親に対する不信感しかないので、いきなり実行するのはリスクがあります。

一番の理想は、自然豊かな地域でインターネットやスマートフォンがない世界で暮らすことですが、できないことを考えても仕方がないことなので、前向きな方法で電子機器の利用を制限するのがおすすめです。

スマートフォンやゲーム機の利用を制限するという伝え方をしてしまうと不信感にしかならないので、本来は一切使わせないところを決められた時間内だけ自由に使えるようにするという言い方の方が良いでしょう。

単なる言い方が違うだけのことですが、言葉ひとつ工夫するだけで子供の受け取り方もかなり違うので、まずは制限されるという印象を持たれるよりも自由を与えられたという気持ちになることが重要です。

自由に遊べる範囲を決める方法

自由に遊べる範囲を決めるには、家庭内にあるPCやスマートフォンなどの数を確認した上で、年齢次第でどこまで管理したいのかを明確にした上で、必要な機材を用意したりサービスを利用する必要があります。

ただ、いきなりコストをかけても使いこなせない場合があるので、電子機器の利用制限の仕組みを知るために、まずはご自身のスマートフォンやゲーム機に搭載されているペアレンタルコントロールで試してみるのがおすすめです。

ペアレンタルコントロールは、ゲーム機やスマートフォンなどの電子機器の機能を一部制限したり、不適切なWEBコンテンツへのアクセスを禁止したり、決められた時間外は機器その物を利用できなくする仕組みです。

こちらの画面は、AndroidのスマートフォンGalaxyで使えるキッズモードの設定画面で、子供の年齢に合わせて利用する機能を制限したり、電話をかけられる相手を制限することができます。

スマートフォンキッズモード

このキッズモードは、単にスマートフォンの機能を制限するのではなく、小さな子でも簡単に操作できるように画面が工夫されていたり、子供らしい遊びが楽しめるアプリを無料で利用することができます。

このキッズモードは、平日や週末の利用時間を制限することができますが、時間帯の設定ではなく1日に利用できる時間を決める方式なので、プレイ時間を気にしながら遊ばせることができます。

どうしても時間帯で制限する方式だと、塾や部活で帰宅する時間が遅れた時に自由に遊べる時間がなくなり不満に思うので、1日決められた分だけ利用できる方式の方がおすすめです。

ただ、どの端末のペアレンタルコントロールにも言えることですが、この方式は自由に遊べる時間を超過した場合に電話やLINEなどの連絡手段も使えなくなるという大きな欠点があります。

Googleファミリーリンクが便利

そんな意味では、Googleファミリーリンクの方が1日に利用可能な時間を設定するだけでなく、利用可能な時間帯を細かく設定できたりするので便利ですが、iPhoneで利用できないのが残念です。

ただ、Googleファミリーリンクはアプリの利用状況を把握したり、強制ロックしたり端末の位置情報を把握したりなど、子供を管理することができる優れたツールです。

Googleファミリーリンクは、13歳未満の子供が対象なことや一部不具合や抜け道があることを考えると、完璧な製品とまでは言えませんが他の有料ペアレンタルコントロール製品と比べても優秀な部類です。

GoogleファミリーリンクはAndroidのみ提供されているアプリなので、iPhoneユーザーは利用できませんが、子供のスマートフォン利用を制限したいのであれば検討する価値は十分にあると思います。

一部の国では利用できませんが、iOSを利用の方にはSymantecからPCやスマートフォンの利用を管理するノートンファミリーという製品が提供されていますので、そちらをご検討ください。

制限は根本的な解決にはならない

今まで自由の範囲を決める方法について説明してきましたが、子供の好奇心や欲望を抑える方法は根本的な解決にはならず、その気になれば10,000通りのPINコードを総当たりして解除します。

子供の頃の貴重な時間や情熱をパスコード破りという無駄な作業に費やすくらいなら、ある程度ゲームやネットを楽しめる時間がどの程度必要なのか、話し合いながら決めることが大切です。

1日1時間という不完全燃焼を起こす制限を設けるくらいなら、少し長く遊ばせる代わりに学業を疎かにしないことをまずは約束をした上で、自由の範囲を決めてみてはいかがでしょうか。

また、スマートフォンやゲーム以外に何か夢中になれる物があれば子供の気持ちも変わるので、家族で一緒に探してみたり挑戦してみたいことがないのか聞いてみるのも良いと思います。

どうしてもパソコンやインターネットが好きな子には、無理やりアウトドアの趣味を押し付けるのではなく、プログラミングやブログで収益を得るなど、生産性があることを教えてあげるのもひとつの方法です。

ただ、子供がスマートフォンやゲーム機を手放した時に怒りを爆発させたり、明らかに落ち着きがない場合は依存症の可能性があるので、一度専門家に相談するのをおすすめします。

人間の脳は、大音量や視覚的に刺激が強い光を見続けることで興奮状態になるので、脳が自然と刺激を求めるようになり、本人の気持ち関係なく動画を視聴したりゲームを続けたくなるのです。

そこまでの症状になると回復するまでかなりの時間を必要とするので、そうならないように日頃から子供とコミュニケーションを取りながら、表情や気持ちの変化に気づいてあげることが大切です。

子供の電子機器利用制限について

アンケート結果をみる