気温が低くても湿度が高い時は熱中症に注意

熱中症と言えば猛暑日が続く7月から8月にかけて気を付けるべき症状という印象がありますが、実は気温が低くても湿度が高くなるだけで熱中症になることがあるので注意しなければなりません。

特に気を付けなければならないのが子供で、大人よりも背が低いために地面の熱を受けやすく、汗腺も未熟で発汗による体温調整が上手くできないので、熱中症になりやすいと言われています。

一般的には、気温が28℃を越えると熱中症に十分注意しなければなりませんが、梅雨の長雨が続き湿度が高い時は気温が25℃前後でも熱中症になるので、子供達に十分な水分補給をさせてください。

湿度が高いと体温が下がらない

お風呂上がりの濡れた体のまま扇風機の風にあたると体が急激に冷えるのは、水が蒸発する時に熱を奪う気化熱の原理が働くからで、人は汗をかくことで体温を下げることができます。

ただ、汗腺が未熟な小さな子供は汗をかくのが苦手で熱が体内にこもりやすいので、こまめな水分補給だけでなく効率的に体を冷やし熱が体内にこもらない工夫をする必要があります。

仮に汗をかいたとしても、湿度が上がるだけで皮膚の表面に付着した汗が乾きにくくなり、気化熱で体温を下げるのが難しくなるので、室内ならエアコンを利用するか換気をして空気の流れを良くしてください。

熱中症には、体のだるさを感じたり意識を失うなど様々な症状がありますが、吐き気やめまいなど身の危険を少しでも感じたら速やかに水分補給し、症状が改善されない場合は速やかに救急車を呼ぶ必要があります。

水分補給の指導

子供はどんなに暑くて汗をかいても休まずに遊んでしまうので、熱中症にならないように大人が定期的に休憩させて、水分補給をするように指導しなければなりません。

子供は喉が喉が渇いていたとしても我慢して遊ぶことがありますが、喉の渇きを自覚した時点で既に脱水症状を起こしている可能性があるので、真夏日には少量の水を10分間隔で飲むように教えてください。

お水や麦茶を飲むだけでは熱中症の予防にはならないので、子供向けの経口補水液を飲ませるのがおすすめですが、味が苦手な場合はスポーツドリンクを飲ませるか塩分を含む食べ物を食べさせてください。

これだけ熱中症の被害が騒がれているにも関わらず、少年野球や学校のクラブ活動中に水分の補給を積極的にさせない指導者がいた場合、周囲にいる大人達が子供達を助けてあげなければなりません。

余計なことをすると選手に器用されなくなる心配があるかもしれませんが、子供の命よりも重くて大切なものはないので、組織や行政の力を利用してでも改善するように大人達が強力しなければなりません。

昔はクーラーがないのが当たり前で、子供でも暑さは我慢できると考える人がいますが、数十年前と今とでは気候が明らかに違うので、過去の体験を基準に判断してはいけません。

また、高齢者になると暑さを感じにくくなるので、大人の感覚を頼りにエアコンを利用したり日陰で休憩をするのではなく、子供が熱中症にならないか温度や湿度を気にしながら様子をみてください。

熱中症対策グッズを利用

小さな子供や高齢者が熱中症にならないように、クーラーや扇風機などを積極的に利用して欲しいのですが、睡眠中に体を冷やしすぎて体調不良にならないようにしてください。

外出時の熱中症対策として必要不可欠な水分補給ですが、直接ペットボトルに口を付けて飲むと雑菌が繁殖しますので、付属のコップに飲み物を入れて飲むタイプか、保冷効果の高い水筒を持たせてください。

水に濡らすことで首回りを冷やす便利なグッズもありますが、洗わないと雑菌が繁殖して生乾きのような異臭がするので、使わない時は手洗いして十分に乾燥させてください。

おすすめの熱中症対策グッズは、最近流行りの携帯可能な扇風機なのですが、乾電池を使う方式よりもバッテリー内蔵のUSB充電方式がパワフルで涼しく便利ですが、子供が指を入れて遊ばないように注意してください。

水分補給と適度な休憩に勝る熱中症対策はありませんが、便利なグッズを合わせて使うことで子供を健康被害から守ることができるので、積極的に利用してみてください。