気温が低くても湿度が高い時は熱中症に注意

水分補給

日本では、気温と湿度が高くなる6月から熱中症に注意しましょう。

こどもは汗腺が未熟なので体温調整が上手くできない上に、大人よりも背が低いので、地面の熱を受けやすく熱中症になりやすいのです。

気をつけなればならないのは、気温があまり高くなくても熱中症になる事があります。一般的に熱中症は28℃前後の気温になると警戒しますが、湿度が高い場合は25℃前後でも注意が必要です。

湿度が高いと汗が乾きにくく汗が蒸発しないので、気化熱で体温を下げる事が難しくなります。

お風呂上がりで濡れた体を拭かないでいると体が冷えたり、打ち水をすると涼しくなるのは、水が蒸発する際に熱を奪う気化熱の原理が働くからです。

汗が乾かないと熱が体内にこもるので注意が必要ですが、暑いのに汗をかかないのはとても危険な状態です。

こまめに水分補給を

こどもは、脱水症状にならないよう意識的に水分を補給したりしない場合があるので、大人がこまめに水を飲むように指示しましょう。

こどもは、喉が渇くまで水を飲まなかったり、喉が渇いても我慢したりしますが、喉が渇いたと感じた時には既に熱中症になっている可能性もあるので、こどもには常に水を携帯させるか、水が買えるお金を持たせて、こまめに水分を補給するように教えましょう。

昔は、真夏のクラブ活動中に水を飲んだり、気分が悪くなると気合が足りないと叱られたりしたものですが、その様な対応は大きな間違いなので、少しでも気分が悪くなったりしたら休んで水分補給をするように指導しましょう。

仮に休憩や水分補給が許されない状況があるなら、命に係わる事なので改善してもらえるように大人へ相談するように教えましょう。

熱中症になると表れる症状

熱中症の症状は

・手足がしびれる
・めまいや立ちくらみがする
・気分が悪くなる
・頭痛がする
・体がだるい
・元気がなくなる
・吐き気がする
・意識がなくなる
・けいれんする
・呼びかけに応じなくなる

など様々です。

吐き気や意識がなくなるなどの症状の場合は、速やかに救急車を呼ぶなどの早急な対応が必要です。

こども達に熱中症の怖さを理解してもらう為にも、大人達が熱中症を正しく理解し、対処方法を学びましょう。

環境省は熱中症予防情報サイトを公開していますので、一度ご覧になってみてください。
http://www.wbgt.env.go.jp/

熱中症対策グッズの利用も

小さなこどもや高齢者などは、熱中症対策グッズを積極的に使用した方が良いのですが、体の冷やしすぎは良くないので、適切な範囲でご利用ください。

また、熱中症対策として最も定番の水分補給ですが、夏場に口を付けて飲んだペットボトルは雑菌が増えやすいので、口を付けないで飲めるタイプか、保冷効果の高い水筒を持たせるようにしてください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る