へんしんバイクの練習方法がわかる体験イベント参加レポート

今回は、わずか30分で自転車デビューができるというへんしんバイクの体験イベントが横浜の赤レンガ倉庫前にて開催されたので、本当に短時間で自転車が乗れる様になるになるのか見学してきました。

へんしんバイクは、子供に人気の運動用具ブレイブボードを販売するビタミンiファクトリーが販売する子供用自転車で、小さな子でも安全に楽しく自転車デビューができる体験イベントを各地で実施しています。

へんしんばいくを購入するなら体験イベントに参加するのが一番ですが、会場まで子供を連れて行けない方のために、へんしんバイク体験イベントの流れを簡単に紹介します。

ステップ1:ペダルなしで歩く練習

まずは、へんしんバイクからペダルを外した状態のバランスバイクモードで歩く練習ですが、これはとても重要なことで自転車の大きさや重さ、ハンドル操作に慣れるための第一ステップとなります。

step1_500px

昭和の時代は、大きな自転車に子供を乗せて大人が支えながら無理やり走りだすという、かなり無茶な方法で練習するのが当たり前でしたが、とても論理的な練習方法とは言えません。

子供の成長速度を考えると数年後には使えなくなる自転車を買うのは抵抗があるかもしれませんが、自転車の練習は子供が自分の足や手の力で支えられる物で練習するのが何よりも大切です。

体験イベントでは、イチ、ニ!イチ、ニ!という掛け声に合わせながら小さなコースを歩く練習をしたのですが、子供達の適応能力はとても早く2周するだけですぐに自転車に慣れました。

ステップ2:慣れたら追いかけっこ

自転車のハンドル操作に慣れて歩けるまで上達したら、次のステップもペダルを装着しない状態で走りながら誰かの後ろを追いかけるという、遊びの要素を加えた練習になります。

これは、速度が出れば自転車は安定して走るということを体で覚えてもらうための練習で、自分の脚力だけで出せる速度であれば仮にて転んでもケガをする心配がありません。

無理やり自転車の後ろを大人が支えて猛スピードで走る練習よりも、自分の脚力で走る自転車の練習のどちらが楽しいかは、スパルタ方式で自転車をマスター人でなくてもわかります。

ステップ1が赤ん坊のハイハイを誘導するイメージなら、ステップ2は遊びの鬼ごっこをイメージした練習で、自転車を楽しみながらマスターするのがへんしんバイクのスタイルです。

小さなコースを走り慣れたところで逆走をするのですが、これは慣れない方向転換で前輪を持ち上げるのではなく、ハンドル操作でするのを教えるための練習になります。

自転車を安全に乗るには直進や停止するだけでなく、人や障害物を避けたり時には方向転換ができなければならないので、ペダルを付けて走る練習をする前に体や頭で理解することが大切です。

へんしんバイクは、普通のこども自転車よりも車体が軽いので方向転換も自由自在にできますし、車体が傾いても自分の足で支えることができる転倒が少ない自転車です。

ステップ3:ブレーキの使い方を習う

次のステップは、自転車に乗れるようになる前にしっかりマスターしたいブレーキの練習で、走り出しても自分の力で止まることができなければ事故につながります。

ステップ3の段階になると子供たちはかなり自転車に慣れているので、すぐにでもペダルを接続して走る練習をしたい気持ちのようですが、まずはブレーキをマスターするのが大切です。

小さな子の握力はかなり弱いのでブレーキをかけられない事があるのですが、だからと先にペダルをつけて自転車に乗る練習をしたり、ブレーキなしの自転車に乗らないようにしてください。

へんしんバイクの体験イベントに参加している最年少の子は3歳でしたが、今のところ誰一人欠けることなく真剣な眼差しでスタッフの説明に耳を傾けているのがとても印象的でした。

ステップ4:カエルで地面を蹴る

ステップ4は、カエルのようにピョーンと両足で地面を蹴り足が離れた状態で進む練習で、惰性の速度で走る自転車のバランスをとることを学ぶことができます。

普通の自転車で練習する場合、ペダルを漕ぐ動作とバランスの練習を同時にマスターしなければなりませんが、へんしんバイクならペダルを付ける前にバランスを取るだけの練習ができます。

本来なら同時に覚えなければならない動作をステップ別に分けて練習することで、ペダルのある普通の自転車よりも圧倒的に短い時間で自転車に慣れることができます。

ステップ5:最後にペダルを取り付ける

最後のステップ5は、ペダルを取りつけての挑戦となりますが、まずはサポート役の人がサドル部分を持ちながら、優しく前に進むのを何度も練習します。

ここで重要なのは、補助する人は自転車が転倒しないように支えるだけで決して押してはいけないことと、子供がペダルを漕ぐ力がないと判明した場合は無理してペダルを取り付けないことです。

一番重要なことは自転車に乗れることではなく子供が安全に楽しく自転車を乗ることなので、ペダルを上手に漕げるようになるまではペダルなしで楽しく遊ぶ方法を一緒に教えるのも大人の仕事です。

ペダルを漕ぐことに慣れたら、いよいよ自分の力だけで自転車を走らせる段階まできましたが、自転車をマスターする一歩手前まできてイベントは終了となりました。

へんしんバイクの体験イベントに参加した子供達は、自転車に乗りたい一心でおねだりをしていたので、イベントに参加される方はある程度の出費は覚悟が必要かもしれません。

練習の時に注意したいこと

本格的な自転車と同じでブレーキがついているへんしんバイクですが、小さなこどもは瞬間的にブレーキをかける握力がないので、練習をする時は自転車が入れる広い公園でお願いします。

仮に握力や脚力が十分でも、小さな子供は知らない交通ルールを守ることができないので、絶対に車道や駐車場などの車が走る場所ではしないように気を付けてください。

特に気を付けなければならないのが見通しの悪い交差点や下り坂で、大人が付きそうからと油断して自転車に乗らせると大きな事故につながるので、絶対に危険な場所では遊ばないようにしてください。

へんしんバイクだけでなく子供乗せ自転車などの乗り物に乗る時はヘルメットを装着するのはもちろん、自転車保険に加入するのが当たり前の時代となりました。

ヘルメットの装着だけでなく保険の加入までするとなると何か大袈裟と思うかもしれませんが、一部では自転車保険に加入するのを義務化されている地域もあります。

わが家では、新しい住まいを購入する時に火災保険と地震保険と同時契約なら安くなる自転車保険も合わせて加入し、今後発生するかもしれないもしもに備えることにしました。

こどもが自転車に乗る時の安全対策について

アンケート結果をみる