家のなかで起きるこどもの事故は対策すれば防ぐことができる

きけん
遊びが仕事のこどもは、家の中で大人しくしているのが苦手です。跳んだり跳ねたり高い所に登ったりと、激しく動き回るこどもから一瞬たりとも目を離すことができません。
元気で活発なこども達が怪我をしないように、身近に潜む危険について確認しましょう。

リビング

リビングは最もこどもが遊ぶ時間の長い場所です。リビングには、テレビやソファー、ダイニングテーブルなど、大きな物が集まる場所でもあります。

ソファーの上で跳ねるのはもちろん、背もたれからよじ登ったり、ヒジ掛に立ってみたりと、家にソファーがあるとやりたい放題です。
ソファーに、背もたれから登ろうとすると、突然倒れて下敷きになったり、頭から落ちてケガをします。

また、高い所が好きなこどもは、ヒジ掛の上に立ち上がろうとしますが、バランスを崩して転落し大怪我をする事があります。
小さなこどもがいるご家庭は、ソファーの背もたれを壁につけるようにし、衝撃を吸収するマットを敷くようにしましょう。

また、ソファーやテレビ台、テーブルなどの家具の置き場所にも注意が必要です。
こどもはとにかく高い所が好きなので、窓の近くに置いた家具に登り外を覗こうとして転落する事が起きています。
窓の近くに足場になるような物を置くのは絶対にやめましょう。

mado-2

小さなこどもは、テレビの映像に反応してテレビに触ったり揺らしたりする事があります。大型の薄型テレビは壁に固定するか、耐震ジェルなどで固定するようにしましょう。

※耐震ジェルは、テレビを完全に固定する物ではありません。また、耐震ジェルを剥がす際に床やテレビ台の塗装が剥がれる場合があります。

こどもがタバコを誤飲しないように、テーブルの上に灰皿を置くのはやめましょう。
また、 空き缶などに吸殻を入れてもいけません。ジュース飲みたさに空き缶を口にすることがあります。

お風呂・トイレ

水のある場所は、重大な事故となる恐れがあるので、特に注意が必要です。お風呂の浴槽で溺れたり、高温のシャワーで火傷をしたり、命に関わる重大な事故が起こることがあります。

非常時に備えて浴槽に水を貯めておくこともありますが、小さなこどもがいるご家庭は非常用タンクやペットボトル、ウォータサーバなどで水を確保するか、風呂場の扉にチャイルドロックを取り付けるようにしましょう。

また、シャンプーやリンス、石鹸や洗剤などを誤飲しない為にも、これらは高い場所へ置くようにしましょう。
トイレを乳児が覗こうと転落したり、トイレ洗剤を誤飲したりする事があるので、利用時に不便でもトイレにチャイルドロックを付けるようにしましょう。

キッチン

こどもが自由に動き回れるようになると、少し目を離しただけでケガをした、なんてことが常に起こり得えます。こどもから常に目を離せくなり、安心して料理ができないなんてことはありませんでしょうか。

キッチンには高温に熱せられた調理器具やお湯がありますので、こどもがキッチンに入らないようにフェンスを設けましょう。
IHクッキングテーブルは、火を使わないので安全ですが、使用後はIHテーブルが高温になりますので、こどもが触らないように注意してください。

バルコニー

バルコニーからの転落事故を防止するには、こどもをバルコニーに入らせない事と物を置かない事が大切です。
小さなこどもでも鍵に手が届くと、窓を開ける事ができると思う方が良いでしょう。高い場所にチャイルドロックを付けて、こどもがバルコニーへ入らないようにしましょう。

万が一、こどもがバルコニーに入ってしまった場合、家庭菜園のプランターやスタンドがあると、踏み台にして柵に登ろうとしますので、バルコニーには絶対に物を置かないでください。

干している布団で遊んでいると、布団と一緒に転落してしまう事があるので、布団は手すりに干さずに、物干し竿に干しましょう。
虫よけの薬剤を誤飲しないように、バルコニーには乳幼児を入れないでください。

関連記事:こどもの転落事故の予防と防犯に使えるアイテム
関連記事:ベランダ・バルコニー、窓からの転落事故を防止しよう

ノムラテック ウインドロックZERO 3個入 ブロンズ N-1155

ノムラテック ウインドロックZERO 3個入 ブロンズ N-1155

819円(11/18 21:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る