席を譲るだけではない「おなかに赤ちゃんがいます」の意味

通勤ラッシュの電車の中、いつもの様に優先席前に立ちながら考え事をしていると、隣の女性が体をぶつけてくるではありませんか。

何事かと思い顔を拝見しようとしましたが、彼女はうつむいた状態でフラフラしながら、相変わらず体をぶつけてきます。

何か変な人なのかと思いましたが、彼女の鞄をみた瞬間アッと驚くと同時に、体調が悪いんだなとすぐに分かりました。

そう、彼女は鞄にマタニティマーク(お腹に赤ちゃんがいます)のキーホルダーをぶら下げていました。

マタニティマークの目的

厚生労働省によると、「マタニティマークは妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。

さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。 」だそうです。

電車やバスなどで席をお譲りくださいという意味のマークではなく、社会全体で妊娠されている方をサポートしようという目的で作られたマークのようです。

マタニティーマークのキーホルダーがあれば、事故や災害が発生した時に妊娠されている方を優先して救助することができますし、体調不良などで意識を失う状態である時でも、救助隊や医師がお腹の赤ちゃんの存在を知る事ができるので、安全な治療をすることができるのです。

キーホルダーは母子手帳とセットでもらえる場合も

マタニティマークキーホルダーは区役所や市役所など、市区町村の窓口で妊娠届を提出すると、母子手帳と一緒にマタニティマークキーホルダーをもらえる場合があります。

※妊娠判定とは、検査キットによる自己診断ではなく、お腹のなかにいる赤ちゃんの心音が2度の診断で確認できた時のことを言うので、妊娠届を提出する祭は注意が必要です。

マタニティーマーク実物

お住まいの地域でマタニティマークを配布していなかったり、妊娠判定されるまで時間がかかるか、安定するまで妊娠届を提出されなという方は、鉄道会社で配布している場合もありますので駅の窓口で聞いてみてください。

実際に、JR東日本、京急電鉄、西武鉄道に問い合わせしてみたところ、間違いなくもらえるという回答を頂くことができましたが、最寄の駅によっては在庫が切れている場合もあるそうです。※2015年6月確認。

お客様センターに問い合わせれば在庫状況を確認してくれますが、多くの人が問い合わせをしてしまうと鉄道会社側の対応が大変なので、配偶者の方が直接最寄の駅の窓口で聞いてください。

※インターネットで検索してヒットする過去の情報で、マタニティーマークキーホルダーがもらえる鉄道会社の問い合わせ先電話番号は情報が古く、電話がつながらない場合があります。

余談ですが、京急電鉄の青物横丁駅に問い合わせたところ、配布しているのはキーホルダーではなくバッジで、キーホルダーをもらうのに特に証明するものは必要ないそうですが、必要としている人との関係をお伝えくださいとのことです。

調査のために問い合わせた鉄道事業者から、マタニティマークのキーホルダーやバッジがもらえるとの回答を頂けましたが、全ての鉄道会社や駅で配布しているとは限りませんので注意してください。

そう考えると、市区町村に妊娠届を提出してから母子手帳と一緒に、キーホルダーやバッジをもらうのが流れてきに良いのではないかと思いますが、母子手帳をもらう前の段階で体調が悪い人は迷わず駅の窓口で相談するか、妊すぐなどの雑誌についてるので購入してください。

妊すぐ表紙

任すぐには、少し大き目の「おなかに赤ちゃんがいます」のキーホルダー以外にも、エコー写真を入れるアルバムや、母子手帳などを入れることができるポーチが付属しています。

これらのグッズはおまけなので、長く使うものではありませんが、妊娠と正式に診断されるまでのつなぎとしては十分に使用できます。

任すぐグッズ

それよりも、任すぐの雑誌には妊娠中にやっていいことやダメなこと、食べていいものダメなもの、お金と手続きまるわかりBookなど妊娠に関わる情報を網羅しているので、身近なところに一冊あると便利です。

つわりがひどいとネットで調べる気にもなりませんし、ネットの情報は古いものや経験のない人がまとめただけの正しくない情報も多くありますので、その時々の新しい情報をまとめた雑誌がおすすめです。

妊娠すると赤すぐネットにすごくお世話になるので、2,000円の割引クーポンが付いた妊すぐは大変お得で便利な雑誌ですが、赤すぐの通販サイトが終了したと同時に休刊となりました。

これからは、ゼクシィBabyとして新しく生まれ変わり、みんなの体験記や内祝いなどいくつかのカテゴリーに分けて情報を発信していますので、御興味のある方は一度アクセスしてみてください。

妊娠に対して理解が不足している

妊娠について理解が不足していると、お腹が大きくないから席を譲る必要がないと思う人もいるかもしれませんが、お腹が目立たない妊娠初期や悪阻のある時期こそ具合が悪くなります。

身近な人が悪阻で毎日涙を流しながら耐える姿をみていると妊娠中の辛さを肌で感じることができますが、他人事でしかないと見た目で判断したりするものです。

全ての人に妊婦さんをサポートするような理解を求めるのも限界があるので、国の制度として悪阻が終わるまで仕事を休めるようにしたり、タクシーのクーポン券を支給するだとか、産休や育児休暇以外にも何らかの形でサポートする制度が必要なのではないかと思います。

つわりの時期にタクシーに乗るのは困難なことかもしれませんが、少なくとも妊娠されている方が満員電車に乗らずに済む社会になればと思います。

妊婦さんも、遅延で電車の混雑が予想される場合は、無理して電車に乗るでのはなく、予定の時間を変更する事を検討してみてください。

こどもはいつの時代でも国の宝ですし、それを守る女性も大切な存在なので、社会全体でサポートする意識と仕組みが必要だと思います。

こまもは妊婦さんを応援しています

このサイト「こまも」は、これから生まれてくる赤ちゃんと妊婦さんを応援しています。

まだまだ社会全体的に妊婦さんに対する理解が不足している部分がありますが、国の宝であるこどもとママのために何ができるか、このサイトの運営者として考えていけたらと思います。

マタニティマークに関するアンケート

アンケート結果をみる

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る