こどもの紫外線対策を考えよう

sotoasobi400px夏の時期が一番紫外線対策が注目されますが、4月ごろから紫外線は徐々に強くなります。
冬はあまり紫外線対策が注目されませんが、実は冬も長時間の外出などでは紫外線に注意が必要です。

こどもの頃に沢山日焼けをすると、将来皮膚がんになるリスクが高くなるそうです。

外出の時間を考えて紫外線の強い時間は外出を控えるのが一番ですが、紫外線が強い午前10時~15時頃に、いつも外出しないわけにもいきません。

晴れていれば、こどもを外でおもいっきり遊ばせたいですよね。

紫外線対策といえば、日焼け止め。
ただし、日焼け止めを1回塗っても絶対日焼けしないわけではありません。
汗をかいたり、こすったりすると取れてきてしまうので、こまめに塗りなおすことをお勧めします。

帽子をかぶる習慣をつけましょう。
夏は熱中症の予防にもなります。

また通気性の良い長そで、長ズボンの服装で紫外線を浴びる量を減らすのもよいですね。

すごく気を使っていたのに、たくさん日焼けしてしまった!という場合は、
氷やアイスノンをタオルにくるんで日焼けしてしまった部分を冷やしましょう。
日焼けした部分は乾燥しないように保湿性の高い化粧水などをつけてあげてください。
また日焼けで水分も失われています。水分補給も必要です。
水分を多めに取らせてください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る