写真プリントでこどもの思い出を守る

graduation300px 桜の咲くシーズンと言えば、入学式や卒業式。

こども達の新しい生活の門出を写真に収めようと、張り切る親御さん達の姿は、何だか微笑ましいものがあります。

写真の撮影をする機会と言えば学校の行事以外にも、誕生日、家族旅行や七五三など数多くあります。

最近は、スマートフォン(以下、スマホ)のカメラが高画質化しているので、スマホで撮影する事が多くなりましたが、画素数が高くても手ブレで画像が乱れては意味がありません。

こどもの特別な日は、光学ズームや高性能の手ブレ補正機能があるカメラで撮影し、思わぬ事故を防ぎたいものです。

ただ、いくら高性能のカメラを使用しても防ぐ事ができないのが、データの消失事故です。

撮影可能枚数が少ないフィルムのカメラと違い、デジタルカメラは気軽に撮り直しや連写ができるので、膨大な写真データの整理が面倒になり、パソコンのハードディスクにまとめて放り込んだまま、という方もいらっしゃるかと思います。

ただ、ハードディスクは運が良ければ5年以上持ちますが、運が悪いと購入した日に壊れるリスクがあります。

対策として、CDやDVDなどの光学メディアへのバックアップが考えられますが、これらのメディアは傷に弱く、直射日光に長時間あてるとデータが消える事がありますので、あまり安心とは言えません。

そこで、写真の管理を楽にしつつ、単体のハードディスクよりも安全にデータを保護する家庭用の簡易サーバーがありますので、こちらにデータを保管する人が増えています。

ただ、サーバーも100%安全ではありません。複数搭載しているハードディスクが同時に故障すれば、データを取り出すことができなくなります。

こどもの大切な思い出となる写真は、印刷してアルバムに保管してください。印刷された物はいずれ劣化しますが、それはそれで味が出て良いのではないかと思います。

例えば、引越しの荷物整理をしている最中、ふと目に入ったアルバムを開いた時に感じる懐かしさは、デジタルの世界では味わうことができないでしょう。

特別な写真は印刷してアルバムで保管した上でDVDメディアに保管してください。更に冗長化したハードディスクのNASで保管すれば、余程運が悪いか災害が起きない限り写真は残ります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る