こどものドライアイ増加中

2014031201パソコンやゲーム機、スマートフォンの利用により、ドライアイになるこどもが増えています。

目を長時間酷使しするとドライアイになる危険があります。空気が乾燥する冬場は特に注意が必要で、エアコンの風と電子機器とのコンボは、こどものドライアイを加速させます。

瞳が潤いに満ちているはずのこどもが瞬きを頻繁にしたり、目を擦るなどをしているとドライアイかもしれません。

目を酷使すると、視力の低下や目の病気、肩こりからくる頭痛に悩まされる事になります。

日頃から画面を長時間見続けないようにし、目が疲れた時はリラックスさせることを心がけるよう教えましょう。

小さなこどもが目を温めるグッズを利用する場合は、火傷の恐れがありますので注意が必要です。また、エステ目的の機器は、極度に視力が弱い方は使用しないようにと、注意書きが書いてあるものもありますので、ご購入する際には必ずメーカーのサイトで詳細をご確認ください。

電子機器の利用以外でドライアイになりやすいと言われているのがコンタクトレンズです。

高校生にもなるとモテたい気持ちからか、メガネよりもコンタクトレンズを選びたくなります。

そんな高校生のモテアイテムであるコンタクトレンズは、目の負担が大きいので、定められた使用方法を守るようこどもに言い聞かせましょう。

私の知人は、2週間コンタクトレンズを外さない生活をしていました。

目が痛くても目を擦ることで痛みを消すという荒業をしていたところ、とてつもない目の充血と痛みに襲われ、医師の診断を受けることしなりました。

すると、先生に「あなた何考えてるの?本当に失明するよ?」と怒られたそうです。

コンタクトレンズはできるだけ短い時間内で利用するように、寝る前にコンタクトレンズを外すのではなく、帰宅した直後に外すよう習慣をつけるように指導しましょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 0歳児の知能や運動能力は大人の想像よりも遥かに高く、大人が教えていないことでも密かに観察して学習し実…
  2. 阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの大きな規模の地震に備えるのも重要ですが、地球温暖化の影響…
  3. 大切な赤ちゃんが生まれる前までに用意しておきたいベビーベッドですが、レンタルで済ませてしまう人が意外…
  4. 妊娠中にカフェインを摂りすぎてはいけないという情報と共に、おすすめのノンカフェイン飲料について紹介し…
  5. 小さなこどもが家のなかでする遊びと言えば、お絵かきか人形遊びが定番ではないでしょうか。 …
  6. 赤ちゃんを乗せて外出できるベビーカーは楽で手放せないアイテムでですが、雨の日や電車やバスなどの交通機…
  7. 赤ちゃんは内臓器官が未発達で腹筋も弱く、もともと便秘になりやすい体質ではありますが、赤ちゃんが急に便…

無料スポット

  1. 親子で楽しめる無料スポット:行船公園自然動物園

  2. 親子で楽しめる無料スポット:萩中公園(交通公園)

  3. 親子で楽しめる無料スポット:杉並児童交通公園

ページ上部へ戻る